ライフスタイル レビュー

100均のスマホスタンドは車でこう使え!プリウスに搭載した結果便利過ぎると判明

プリウスのオーディオが純正でナビもありません。

スマホのナビ機能を良く使うのですが、固定しておくスマホスタンドがありません。両面テープで固定するのに抵抗があったのでいろいろと探していました。

そして出会ったのです!100均セリアのスマホ三脚スタンド!

三脚?と疑問を持たれそうですが、実際に使用してみましたので紹介させていただきます。

めちゃくちゃ便利でしたよ!

スポンサーリンク

 

セリアで購入したスマホスタンドはこれ

パッケージ

三脚式のスマホスタンドでスマホ固定部分を外せばデジタルカメラ用のミニ三脚にもなる。

使えるスマホの対応サイズは幅53mm~83mmまで。

結構大きめのスマホでも大丈夫です。iPhone6Plusも可能ですね。

 

ダッシュボード

装着するとこんな感じです。装着しているスマホはiPhone6。ダッシュボードの上に置いて動画を楽しむ事ができますね。

三脚の脚の部分は自在に動くので角度調整も楽々ですよ。

ただ、これでは置いているだけなので楽しめるのは停車中だけです。ナビ機能を使いたい場合はこれでは倒れてしまいますし前方の視認性に問題があります。

 

運転中の使用方法

運転中はやはり固定されなければなりません。プリウスではここを使います。

蓋閉じ

ドリンクホルダーです!

蓋開き

まずはこの様に蓋を開けます。そして・・・

設置状況

こうなります!!

設置のポイントは3本の脚の使い方です。裏側に2本、表側に1本で挟んで固定します。

固定方法

脚が自在に動くのでできる技です。グイッと奥まで押し込みましょう。

脚の先端のゴムが良い感じで蓋に挟まれてグラグラしません。

さすがにスピードを出してカーブを曲がったり、大きな振動があった場合はずれることもあるでしょうが、普通に街を運転していて倒れたとか動いたとかはありませんよ。

首も振るので角度調整が容易!運転席側に向けることも助手席側に向けることもできます。

 

後部座席での使用方法

後部座席

これはスマホスタンドを両面テープで固定しないからできる特権で、助手席や運転席のヘッドレストの下に挟んで使います。

これまた、三脚のゴムがストッパーになって動きません。

長距離ドライブで子供がグズった時なんか大活躍すること間違いなしですよ!

100均ですからコスパ良すぎなんで、後部座席用も購入したらどうでしょうか。なんなら、車だけでなくどこでも使えちゃいます。

固定しないと本当に使い勝手がいいです。どこでももって歩けますからね。

 

注意点

注意点というか不満点は使い始めに脚を曲げると表面塗装なのでしょうか、黒いカスが出ます。

なので、まずは外でグニャグニャ曲げてカスが出なくなるまでならしてあげてください。

車内がカスで汚れないように注意です。そんなにひどい訳ではないですが、神経質な方は気になるでしょう。

それと、やはり完全に固定していないということをしっかりと認識しておきましょう。

急カーブや大きな振動で倒れたり、ずれたとしても慌てず、運転に集中して下さい。信号で止まった時にでもなおそうぐらいの気持ちで安全運転が第一です。

それと、iPhoneをホルダー中心に設置すると音量ボタンを枠で押してしまって音が聞こえなくなります。

多少横にずらして設置しましょう。このページの写真はすべて横にずらして設置しています。そんなに気にならないですよね。大きな問題はありません。

【スポンサーリンク】

 

まとめ

今回はプリウスで使えるスマホスタンドを探してみました。

両面テープで固定しなくて良いのが条件で探したのですが、理由は会社の営業車でも使えるようにです。

さすがに会社の車になんでもかんでも設置することができないので・・・

簡単に設置できる安い商品はないものかと考えたわけです。

すごくいいですよ!自家用車でも使えるし仕事でも使える。

アイデアと工夫次第では他の車種でも使えるのではないでしょうか!

◆100均のスマホスタンドはコスパが良い。
◆運転席でも後部座席でも使える。
◆固定しないので利用シーンが様々。

結果、便利すぎるのが判明しました。

車内に両面テープを使ってスタンドを固定するのに懸念を感じているかたは是非ですよ!

一度お試し下さい。

あわせて読みたい

iPhoneの充電ケーブルってすぐ壊れるよね。100均の根本補強商品を比較してみた

「iPhoneの受電ケーブル(Lightningケーブル)ってすぐに根本が壊れるよな。」 「また、割れたよ。。。」 困ってませんか? 僕は困ってました。使い方次第ではすぐに根本が割れてしまい、絶縁テー ...

続きを見る

おすすめ記事



-ライフスタイル, レビュー

© 2020 papamode