さっぽろユキテラス2019は美しい氷の美術館!クルーズキッチンでグルメも楽しめ

イベント

さっぽろユキテラス2019を見学してきました。

ユキテラスとは毎年雪まつりシーズンにアカプラで開催されるイベントです。

雪と光をモチーフにして札幌の冬の魅力を発信するプロジェクト。美しい観光資源の雪をアーティストの創造力で演出しここでしかできない体験を提供しています。

今年は雪や氷を使った美術館「スノーミュージアム」が見どころ!圧倒的に綺麗な氷の建造物を実際に体感してきたので紹介します!

スポンサーリンク

さっぽろユキテラス2019開催概要

■会期
2019年2月3日(日)~11日(月祝)

■時間
12:00~20:00

■会場
札幌市北3条広場「アカプラ」

■入場料
無料

■出演作家
小金沢健人[屋外インスタレーション]
今村遼佑、タムラサトル、山内祥太[スノーミュージアム内部]
五十嵐淳[スノーミュージアムデザイン]
ラップランド大学芸術・デザイン学部 × 北海道大学工学研究院[屋外彫刻]
会田大也[雪のプロジェクト]

>>公式サイト

さっぽろユキテラス2019会場の様子

赤レンガアイステラス

駅前通り側の入り口です。

このモニュメントは毎年恒例ですが、中に入ると展示されている内容が違うので毎年楽しみに見に来ています。


今年はジャガーが展示されていました。

赤レンガアイステラスは2月2日(土)から開催されており、キロロリゾートの「ICE STAR RESORT KIRORO」からICE BARと氷の壁ICE WALLがアカプラに登場します。

本格的な厨房「クルーズキッチン」では、赤レンガテラスの店舗「エノテカドォーロ」「ボヌール」「ブルックリンパーラー札幌」「中国料理 布袋」のスペシャルメニューが提供されます。

幻想的な雪・氷・光の空間でグルメや氷のグラスに入ったカクテルを楽しむことができます。


クルーズキッチン


ドリンクメニューはこちらから


テント内のイートインスペースや外には氷のテーブルが用意されています。


そして最も目を引いたのがこちらのモニュメント。

様々な色にライトアップされ撮影スポットになっていました。


隣にはこのようなお立ち台も用意されているので記念撮影しましょう。

それでは先に進みますスノーミュージアムです。

スノーミュージアム

スノーミュージアムは氷と雪で作られた美術館。

4つの区画に分かれてそれぞれ展示物が並びます。それでは中を見ていきましょう。


バケツの中にタブレットがあって焚き火やバケツが凍っている映像が映されていました。

部屋の移動はサイドの通路を渡っていきます。

落ちないように気をつけてくださいね。

そして、スノーミュージアムの外壁にはこのような展示もあります。

無数の蛍光管は圧巻ですよ。

スポンサーリンク

Suoja

赤レンガ庁舎側の入り口です。

こちら側には「Suoja」と名付けられたモニュメントがあります。

「Suoja」とはフィンランド語でシェルターという意味なんだそうです。中はまさにそんな感じ。


「Suoja」


壁面に映像が投影されています。


これは外から。

中の写真をたくさん撮ったつもりだったのですが、2枚だけでした。

タイムワープ動画で会場全体を撮ってきたので、こちらをご覧ください。

さいごに

今年のユキテラスは綺麗でした。

なんと言っても氷のミュージアムですから透きとおって幻想的な空間です。

去年よりは今年の方が個人的には好きですかね。

ちなみに去年の様子はこちら(アカプラでかまくら体験「さっぽろユキテラス」は雪まつりと一緒に楽しめ!)

さっぽろ雪まつりに観光で来ている方は是非アカプラへ寄ってみてください。大通公園から札幌駅方面へ歩いて数分です。地下歩行空間のチ・カ・ホでアカプラまで行けるので冬でも安心してアクセスできますよ。

おすすめ!

では!

▼さっぽろ雪まつりの各会場について

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。