• HOME
  • ブログ
  • 観光
  • 見頃に行こう!北竜町ひまわりの里の楽しみ方!ひまわりまつり2018

見頃に行こう!北竜町ひまわりの里の楽しみ方!ひまわりまつり2018

観光

北竜町の「ひまわりの里」へ行ってきました。

間もなく見頃を向かえようとしている7月の下旬。炎天下32℃の中、汗を流しながら息子と楽しんできたので、紹介します。

現地見学の際の必需品やひまわりの里の楽しみ方等、これからひまわりの里へ行くあなたの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

ひまわりの里について

北竜町のひまわりの里は札幌から約100km、2時間程で到着します。

275号線沿いに位置するので、わかりやすい場所です。

23haのひまわりの里には約150万本のひまわりが咲き誇り、観光の人々を楽しませます。また、期間中はひまわりまつりが開催され、歌謡ショーや花火大会で盛り上がるんですよ。

駐車場は無料

駐車場は約500台分無料となっております。

275号線から看板が出ているのでわかりやすいですし、駐車場の係り員も多数いるので誘導がスムーズです。

見頃はいつ?

ひまわりの里では、ひまわりまつりが7月中旬から開催されます。ただ、見頃はもう少し後になりますね。

北竜町のひまわり畑は6区画程に分かれており、例年、7月最終週から8月お盆頃まで、どこかの区域が満開となります。

もっとも黄色く色づく見頃は8月上旬ですが、7月下旬から8月中旬ごろまでは、絶景のひまわり畑を見ることができるでしょう。

ひまわりの里の楽しみ方


ひまわりの里の全体図。

入り口に掲載されています。各区画の花びらの色で開花状況がわかるようになっています。

7月下旬で2つの区画が満開ですね。


ひまわりの里は入場無料ですが、入り口で協力金のお願いをしています。

募金額によって、ひまわりの種やくじ引きでスイカやメロンがもらえたりします。

さて、いよいよひまわり畑を見にいきますが、すごく広い丘。楽しみ方は様々です。

ひまわり自転車

自転車のレンタルをしています。

1時間以内100円。広大な丘を徒歩だけでは辛いなという場合に重宝します。

但し、「丘」ですから、上りはかなり辛いかもしれません。下りや横への移動にはすごく便利。かごもついているので、ちょっとした荷物を入れておけます。

遊覧車ひまわり号

トラクターに引っ張られ、ひまわりの里を一周します。

乗車時間は約15分。料金は500円です。

丘の上まで歩いて登るのが辛いという方にはオススメです。途中下車はできませんが、、、

撮影スポット

ひまわりの里には数箇所の撮影スポットがあります。大きな展望台がメインですが、各区画のひまわり畑にそれぞれあるので、満開の区画で記念の一枚が撮れますね。

展望台


これがメインの展望台です。

二段の展望台で、下と上に分かれています。下の段からの眺めは茎とかが見えづらいので、より一層、黄色の景色となります。


上段からの眺め


下段からの眺め

見晴台


展望台の近くには見晴台もあります。

各所撮影スポット


展望台下にある撮影スポット。


アイガモの池側、奥のひまわり迷路を見渡せる撮影スポット。


丘の上の撮影スポット。

時期によってそれぞれ様々な景観を見せてくれそうです。

今回伺った際は、丘の上が満開となっており、一番綺麗でした。

迷路

ひまわり迷路は2つありましたよ。

入場料は300円です。

迷路の出入り口は同じで、スタンプラリーは3ヶ所。ひまわりクイズがあるので、ヒントを迷路の中で探しましょう。

迷路内はこの様な感じです。

通路は広いですが、デコボコしているので、車椅子やベビーカーでは無理がありますね。


迷路の中には小展望台も!

最後の一つを探せなくてしんどくなりましたが、なんとか発見。炎天下32℃では辛すぎでした。

アイガモの池

アイガモがいる池があります。

奥のひまわり迷路の受付にて餌が100円で販売されていますよ。

息子はザバッと投げ入れ、あっという間に餌やり終了してました(笑)

世界のひまわりコーナー

北竜中学校の生徒が栽培した世界のひまわりコーナーには珍しいひまわりがたくさん咲いています。

特に僕がきれいだなと思ったのがこちら

赤い花びらのひまわりなんて初めて見ました。

どこの国かはすいません、、、、見てませんでした。

世界のひまわりコーナーのお隣には田中好子ひまわりコーナーも

「田中好子“いつも一緒だよ”基金」
「夏目雅子ひまわり基金」
これらを応援する一貫として

「ひまわりの花を咲かせようプロジェクト」に賛同して、北竜町が取り組んでいるひまわり畑なんだそうです。

休憩所やトイレ

とにかく、今回の訪問時は暑くて暑くて大変でした。

ひまわり畑は広大な土地なので、日陰がほとんどありません。

かなりバテましたね。

休憩するところのメインは会場入口付近にある、ひまわり観光センター。

土間のアリーナなのでひんやり空間。とは言え、この日は尋常ではない暑さだったので、ひんやりとは感じませんでしたが、、、

日よけができるので助かりました。

かき氷をかっくらって生き返った感じです。他にも軽食やお土産などがそろっていますよ。

センター内では手荷物預かりや車椅子・ベビーカーの貸出サービスも行っております。

トイレはセンターの外にあります。

ひまわり畑側で休憩する場合は、ノンノの森を利用しましょう。

木立の中にベンチがあって、日陰になっているところが多いです。

また、アイガモの池の周りにもベンチがあり、日陰が多いのでゆっくり休むには最適です。

近くにはトイレもあるので便利ですよ。

必需品

ひまわりの里を楽しんできて、これは必需品だなと思ったものを紹介します。

①日傘
天候にもりますが、女性や小さなお子さんの場合、必須です。なんと言っても日陰がほとんど無いですから。

②帽子
これも天候によりますけどね。

③飲みもの
丘の上には販売機なんてありません。「喉乾いた~」という息子の声にわざわざセンターまで戻って買いに行く羽目になりました。熱中症なっちゃう気温でしたから。

④スニーカー等、動きやすい靴
迷路や花畑はデコボコしているので、動きやすい靴が必須です。雨の日はぬかるむので、雨靴があると良いですね。

⑤虫除け
大自然ですから、準備しましょう。

とにかく、今回の訪問では暑い!!というのが第一にきたので、①~③は必需品で真っ先にあがりました。気温が高いなと感じたら、必ず準備して行くことをおすすめします。

ひまわりまつり2018イベント情報

ひまわりまつりは7月中旬から8月中旬まで、様々なイベントで盛り上がります。

【2018年イベントカレンダー】

■7/14(土)
・第32回ひまわりの里オープン式
・こも樽割り
・北竜太鼓演奏
・挨拶・テープカット
・北竜中学校吹奏楽部演奏
・餅まきなど

■7/21(土)
10:00~ ひまわり縁日
11:00~ じゃんけん大会
13:30~ 旭川自衛隊・陸上自衛隊第2音楽隊演奏会

■7/22(日)8:00~
第54回北商ロードレース大会

■7/22~7/26
・ひまわり生け花展

■7/28(土)
・北竜ひまわりライスまつり・友愛セール
11:00~
・アグリファイター・ノースドラゴン ヒーローショー

■7/30(月)31日(火)13:00~15:00
・北竜中学校生徒による「世界のひまわりガイド」

■8/1(水)18:00~
・ひまわりフラワーフェスタ歌謡ショー(城乃内早苗さん、星野裕矢さん)
・ビールパーティ
・お楽しみ抽選会

20:00~
・北海道医療大学・YOSAKOI
・花火大会&ライトアップ
(ひまわりの里・芝生広場)雨天順延

20:30~
・北海道医療大学・YOSAKOI

■8/4(土)
11:00~ じゃんけん大会
11:30~ ひまわりライス無料配布

■8/5(日)
・LOVE PALETTE ライブ
①13:30~14:00
②15:00~15:30

■8/7(火)11:00~12:00
・カラオケ大会

■8/9(木)11:00~
ご当地キャラ・ヒーローフェスティバル

■8/10(金)8:30~12:00
・第13回全道ひまわりパークゴルフ大会

■8/12(日)11:00~14:00
・THE 太鼓まつり in 北竜

■8/14(火)9:00~
・メロンすいか祭

■8/17(金)
・17:00~21:00
竜山車「北竜丸」の電飾展示

・18:00~ビアガーデン
・18:10~太鼓演奏
・18:20~子供盆踊り
・18:50~太鼓演奏

・盆踊り開始前
北竜町ふるさと大使
「マウンテンマウスまぁしぃ&ハナノタネむつみコンサート」

・19:00~仮装大人盆踊り

・盆踊り終了後
北竜町ふるさと大使
「マウンテンマウスまぁしぃ&ハナノタネむつみコンサート」

ひまわりの里 概要

■所在
北海道雨竜郡北竜町板谷 雨竜郡北竜町板谷

■ひまわりまつり開催期間
毎年7月中旬~8月下旬
2018年は7/14~8/19

■見頃
7月下旬~8月上旬

■開花状況
>>公式サイト

■料金
入場無料

■駐車場
500台 無料

 

まとめ

北竜町の「ひまわりの里」を紹介させていただきました。

ひまわり観覧の方法は様々です。レンタル自転車を使ったり、ひまわり号に乗ったり、迷路を楽しんだり。

それぞれ目的に合った楽しみ方ができると思います。

大人から子供まで幅広く楽しむことができるひまわりの里。期間中は各種イベントも開催され、ひまわりの景観のみならず、見どころは満載です。

北海道の夏の代表的なイベントを楽しみましょう。

▼北竜町から車で15分!秩父別町には子連れで楽しめるすごい遊び場があるぞ!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。