北湯沢温泉屋内遊び場アソボーヤを満喫!日帰りで温泉やプールまで楽しめるぞ!

おでかけ

北湯沢温泉「森のソラニワ」を利用し一泊二日の温泉旅を楽しんできました。

目的は屋内遊具パーク「ア・ソ・ボーヤ」

温泉旅行に行っても基本的に面白みが無い子供にとってここは天国に近いくらい遊び倒せる施設でした。

大人は大変ですけどね。

アソボーヤはホテル森のソラニワ内にありますが、宿泊以外での利用も可能。日帰り温泉とプールまで楽しめちゃうんです。

札幌から車で2時間かからずに到着するので、ドライブがてら日帰りで遊びに行くのも有りですよ!

それでは早速紹介します!

スポンサーリンク

ア・ソ・ボーヤについて

屋内遊具パーク「アソボーヤ」は森のソラニワ地下1階にあります。

天候や季節に関係なく楽しめる施設で、ボールプールや大型立体遊具、クライミングウォールなどがあり、小さなお子様から楽しめる施設となっております。

所在 海道伊達市大滝区北湯沢温泉町300-7
森のソラニワ地下1F
営業時間 8:00~22:00
日帰り利用は10:00~20:00
入場料 1,000円(3歳~小学生)
※クライミングウォール 1,500円 ※大人付き添い無料
※再入場可能

ア・ソ・ボーヤを満喫してきたぞ!

さて、それではアソボーヤで楽しんできたので紹介していきますね。

地下1階のアソボーヤで直接受付をしています。

エレベーターもしくは階段で地下に行きましょう。


エレベーターで降りたエントランス。

ブランコの様なベンチと靴棚があります。

靴を脱いで中に左手に進んで行くと受付があります。


階段を降りたエントランス。

こちらにも靴棚があり、受付は正面です。


受付

こちらで利用説明を受け、隣の券売機で利用料金を支払います。

子供1,000円。妻と僕、付き添いは無料です。良心的ですね。

さて、内部ですがこんな感じ。

地下1階なので天井は高くないですが、広さは十分です。


アソボーヤの館内図

各ゾーンに別れていて様座なアトラクションが揃っています。

がけゾーン

クライミングウォールです。(別料金)

ここは吹き抜け部分にありますので十分な高さが確保されています。

小さなクライミングウォールもあり、これは無料です。

キッズゾーン


ここは小さな子供向けでおままごとや絵本、木の玩具などが揃っています。

山ゾーン

こちらは木製の大きな遊具で迷路になっています。

裏側にまわるとこんな感じ。

そして、山ゾーンは池ゾーンにつながっています。

池ゾーン

山ゾーンのもう一つの滑り台を滑ると池ゾーンのボールプールです。

壁には点数付きの穴が空いていて、みんなでそこにボールを投げています。息子はここの150点になかなか入らず、ハマっていました。

一番長い時間いたかも。

池ゾーンの隣には小さなハウスがあって、中ではおままごとが楽しめます。

トイレと自販機の前にはトランポリンがあります。

カラオケゾーン

こちらも別料金になりますが、カラオケを楽しめます。

1時間1名500円
受付時間 8:00~21:00

こちらのカラオケで95点以上を出したら、館内利用券2,000円分がプレゼントされます。

ゴロゴロ草原

ゴロゴロ草原にも絵本などがあり、ゆったりすることができます。

付添の親御さんがゴロゴロしてまっている絶好の場所ですね。

大きなクッションが数個あるので、赤ちゃんを休ませている方も多く見られました。

それと館内の真ん中にある柱にマグファーマーで遊べるスポットがありました。

ざっと紹介しましたが、他にも楽しい遊具や玩具がたくさんあって、楽しい時間を過ごすことができます。

息子もホテルのチェックインの時間になってもなかなか離れようとしませんでした。

ホテルにこういった施設があるとすごく子供は楽しいですよね。しかも、一度料金を支払えば、宿泊している間は再入場が可能です。

不満な点は持ち物を置いておくロッカー等が無いこと。それと地下なので携帯の電波が弱かったことですかね。(ソフトバンク)

スポンサーリンク

日帰りで楽しめる温泉やプール

森のソラニワにはアソボーヤ以外でも遊びどころは満載です。

温泉

24時間利用可能な温泉大浴場には大きな水車があり目を引きます。

露天風呂や打たせ湯、サウナを完備しゆっくりと温まることができます。

■日帰り入浴
時間 10:00~21:00
料金 大人800円 小学生400円 幼児無料

プール

温泉の利用料金で温泉ビーチ「ト・コ・ナッツ」とインドア温泉プール「ス・イ・マーニ」も楽しむことができます。

海水パンツや水着はホテルでレンタルや販売もしています。

プールへは温泉の脱衣所から専用通路を使って行くことができます。温泉と間違えて裸で行かない様にしましょうね(笑)

■インドアプール
「ス・イ・マーニ」

インドアプールは25mの温泉プールです。こちらは屋内なので冬でも快適に楽しむことができます。

水深1mなので小さなお子様の場合は浮き輪必須です。ビート板はプールサイドに用意されているので無料で利用可能です。

■森の中の温泉ビーチ
「ト・コ・ナッツ」

インドアプールを抜けると外の温泉ビーチ「ト・コ・ナッツ」があります。

お湯の温度が36℃で通年利用は可能ですが、冬はやっぱり寒いです。水面から出ると凍える寒さです。

ビーチには滑り台があるので、小さなお子様は夢中で遊びます。また、ジャグジーも併設されているので、寒くなったらここで温まるといいですね。

ただ、寒い時期にこのジャグジーに入ったら最後、もう外には出れません。風邪をひかない様に冬場はインドアプールを楽しむのが吉です。

ちなみに、浮き輪等を膨らますコンプレッサーが外に出てすぐ左手に準備されています。

ムササビ

野外アドベンチャーパーク北湯沢「ムササビ」

これは森の中につくられたアスレチックで、小学生以上で身長120cm以上から楽しめます。

■ファミリーコース
難易度を抑えたコース。
大人2,000円 子供1,500円

■ファンコース
難易度が高いコース。
大人2,500円 子供2,000円

■ロングジップライン
ハーネスを装着し森の木々の間を滑走する。
大人1,500円 子供1,000円

営業期間は春から秋。

冬場は営業していませんのでご注意ください。

詳細は公式サイトにて確認ください。

さいごに

アソボーヤは屋内施設なので一年を通して遊べます。

森のソラニワに宿泊して遊ぶのが基本なのですが、日帰り利用も可能となっています。

しかも、温泉やプール、夏場はムササビでも遊べます。

これまで、北湯沢と言われてもピンと来ていませんでしたが、これは子連れお出かけ神スポット的感じを受けました。

多分、来年の夏にまた行くと思います。

今度はムササビを楽しむぞ!

では!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。