おでかけ 遊び場

札幌の水遊びスポット8選!大活躍の持ち物必需品をチェック!

夏の暑い日は子供を連れて水遊びにお出かけしましょう!

幼稚園帰りに立ち寄ったり、週末のお出かけついでにも子供は水遊びが大好きなので喜びます!少し車を走らせて、水遊び目当てでのお出かけもいいものですよ。

それでは、実際に私が行った札幌の水遊びスポットで特に良かった場所を8つ紹介します。

スポンサーリンク

 

豊平川ウォーターガーデン

豊平川河川敷で楽しめる水遊び場「豊平川ウォーターガーデン」。

南30条付近(ミュンヘン大橋下流)にある遊水路は390m!岩などの自然素材を利用し作られた人工の水辺は程よい流れが作られています。すべり台や水鉄砲、アルキメデスのポンプ等、アスレチック遊具が充実しているのも人気の1つ。
これだけの施設で駐車場を含めて無料で開放されていることから、週末には大変混雑します。駐車場への車列ができていることもあるので、午前中の早い時間からお出かけすることをオススメします。

住所 札幌市中央区南28条西8丁目~南区南30条西8丁目
営業 6月中旬~9月上旬
9:00~17:00
料金 無料
駐車場 無料

札幌市水道記念館 屋外広場

水道水について学べる体験型ミュージアムの「水道記念館」。

屋外の噴水広場では正方形のマス状の石が敷き詰められ、各4つの角から噴水があがります。走り回ったり、足で噴水を止めてみたりと遊び方はそれぞれ。

周囲が芝生となっているので、シーズンには多くのポップアップテントが広がります。他にカナール広場やグラニットボール、大きな壁泉も見どころです。

記念館の建物内では水道水のしくみや水を使って遊べるアトラクションも充実。

大きなキッズルームや授乳室も無料で使えるので赤ちゃんがいても安心な施設です。

詳しくはこちら

札幌市水道記念館は水遊び定番スポット!屋外も屋内も楽しすぎ!

札幌市水道記念館へ行ってきました。 屋内展示が一部リニューアルされ、より一層楽しめるスポットとなりましたよ! 屋外も屋内も無料!子供の水遊びに最適な水道記念館は水のことも学べる充実した施設です。 夏の ...

続きを見る

住所 札幌市中央区伏見4丁目
通水期間 6月頃~10月末頃
9:30~16:30
料金 無料
駐車場 無料

モエレ沼公園

モエレ沼公園での水遊びはメインのモエレビーチとアクアプラザ&カナールで楽しむことできます。

 

海辺をイメージして作られたモエレビーチは中央から水が吹き出しています。よちよち歩きの赤ちゃんでも浅瀬なら安心です。

ビーチで遊んだら、少し離れた場所のアクアプラザへ!湧き出る水が岩の間を流れてカナールまでたどり着きます。カナールは水深30cm位で小さなお子さんでも楽しめます。岩場はゴツゴツした石が敷き詰められているので、お子さんが転ばないように注意してくださいね。

また、海の噴水も是非見てください!1日3~4回の運転なので時間の確認をしておきましょう。

詳しくはこちら

モエレ沼公園で水遊びを楽しめ!ビーチやカナールの開放期間。駐車場はどこが近い?

夏はやっぱ水遊びですよね! でも、、、 「海まではちょっと遠いし、まだ子供が小さいから砂浜はちょっとな~」 そう考えているあなたにおすすめなのがモエレ沼公園です。 札幌の水遊びスポットとして定番で、モ ...

続きを見る

住所 東区モエレ沼公園1-1
モエレビーチ 6月中旬から9月上旬
10:00~16:00
※木曜日定休
アクアプラザ 6月上旬~9月末頃
10:00~16:00
※海の噴水運転中は休止
海の噴水 4月下旬~10月中旬
料金 無料
駐車場 無料

滝野すずらん公園

滝野すずらん公園のこどもの谷は水遊びの他、沢山のアクティビティで一日中楽しむことができる、こどもの遊び場です。

こどもの谷にある「森のせせらぎ」は長い水路や噴水、ため池が広がっており、沢山の家族連れで賑わいます。

詳しくはこちら

滝野すずらん公園こどもの谷へ!子供とお出かけ最強スポット|北海道

滝野すずらん丘陵公園「こどもの谷」へ行ってきました! 見どころ満載で一日では回りきれない程の公園です。子どもとのお出かけ「最強スポット」と言っても過言は無いのではないでしょうか。 早速、紹介します! ...

続きを見る

住所 札幌市南区滝野247番地
開園期間 4/20~5/31 9:00~17:00
6/1~8/31 9:00~18:00
6/1~11/10 9:00~17:00
水遊び場 森のせせらぎは6月頃オープン予定です。
料金 大人410円(15歳以上)
こども80円(小・中学生)
シルバー210円
小学生未満 無料
駐車場 大型車1,230円
普通車 410円
二輪車 150円

大通公園 西9丁目

大通公園の西9丁目にはプレイスロープや遊水路があり、多くのこどもで賑わいます。

遊水路は水深5cm~12cmで小さな子も安心。パンツの裾をまくって遊ばせることもできるので、買い物がてら立ち寄る家族連れも多いです。

詳しくはこちら

大通公園の遊水路で水遊び!通水期間と時間をチェック!都心部ですごす充実の時間

大通公園は様々なイベントが開催され、たくさんの市民や観光客が集まる札幌を代表する公園。 特に家族連れが楽しむことができるのが「つどい(西6・7・8・9丁目)遊び・イベントゾーン」です。 中でも、西9丁 ...

続きを見る

住所 札幌市中央区大通西9丁目
通水期間 6月1日~9月20日
10:00~16:00
料金 無料
駐車場 無し
近隣コインパーキングについてはこちら

川下公園

約170mのカナールがメインの水遊び場。カナールの両端には壁泉と小噴水がそれぞれ設置されています。

真夏のすごく暑い日に来園したのですが、カナール周辺には日よけになるものが無く、暑さを凌ぐのが大変でした。ポップアップテントは必需品ですね。

カナールの脇には広い芝生広場があり自由に遊べる他、屋内広場もあり、雨の日も楽しめるスポットです。

住所 札幌市白石区川下2651番地3外
通水期間 7月1日~8月31日(カナール・噴水)
7月下旬~8月31日(壁泉)
10:00~16:00
休業日 カナール 木曜日
壁泉 金曜日
料金 無料
駐車場 無料

旭山記念公園

札幌市街を一望できる旭山記念公園。噴水が上がる中央付近が一番深くて20cm位でしょうか。噴水は出たり止まったりを繰り返します。

 

多くの子供は噴水を止めようと噴射口に座ってみたり足をのせたりしています。赤ちゃんでも水辺であれば楽しめますよ。

駐車場脇のレストハウスでは軽食も販売されているので便利です。

詳しくはこちら

旭山記念公園の噴水へ水遊びに行こう!持ち物チェックし楽しく遊ぼう!

札幌の街を一望できる旭山記念公園へ行ってきました。 景観を楽しみながら、子供は元気に噴水で水遊び。小さな子供でも安心して遊べます。 今回は旭山記念公園で水遊びを楽しむために必要な持ち物やトイレ・駐車場 ...

続きを見る

住所 札幌市中央区界川4丁目
運転期間 4月下旬~10月31日
10:00~19:00(4月5月10月)
10:00~20:00(6月~9月)
料金 無料
駐車場 無料

農試公園ちゃぷちゃぷ広場

クジラのモニュメントが印象的な農試公園ちゃぷちゃぷ広場には大小2つの池が沢山の子供で賑わいます。

池の回りにはベンチが沢山あるので付き添いのパパやママもゆっくり子供が遊ぶところを見守れます。

住所 札幌市西区八軒5条西6丁目95-21
営業 6月1日~9月30日
9:00~17:00
休業日 毎週金曜日 午前
清掃の為、利用できません。
料金 無料
駐車場 無料

 

【スポンサーリンク】

 

水遊びスポットでの必需品

水遊びスポットへ行くといつも思うのが、携行品の持ち忘れです。

水遊びだからあれこれ持って行かなくてはと準備するのですが、現地であれがあれば良かったと毎回思ってしまいます。

そこで、こちらでは水遊びでの必需品を何点か紹介します。

ポップアップテント

ポップアップテントは必ず持って行くようにしています。ワンタッチで設置できて収納もコンパクト。ゆっくり休めるうえに日よけにもなります。

熱中症対策には必須です。

水遊びスポットによってはテント設営禁止の場所もあるので注意してくださいね。

水筒

子供を連れて水遊びに行きはじめたころは、途中のコンビニ等で飲料を買っていっていたのですが、飲む頃には冷えてないんですよね。当然なのですが、時には生ぬるい場合も。

そんなことで最近では保冷機能のついた水筒を利用しています。これで長らく冷たい状態を維持してくれます。

行き先や滞在時間によってはクーラーボックス等があれば便利ですが、家族3人で少し水遊びに出る時は水筒で十分です。

日焼け止め

紫外線対策は小さいころからが重要です。特に女の子の場合は注意したいですね。

サンダル

真夏は水場周辺の地面がすごく熱くなっています。やけどするんじゃないかってくらい熱い場合もあるので、パパ用とママ用、もちろん子供用もサンダルは必需品です。

レジャーシート

基本ですね。ポップアップテントと一緒に使って着替えるゾーンをつくるのが我が家流です。

足を伸ばして寝たい時にも重宝します。

バスタオル等

バスタオルや着替え、羽織る服なんかも持っていかなければなりません。水着で入るのであれば着替えは必要ないかもしれませんが、長袖の羽織る服は必須です。

いくら夏とは言え、北海道は少し風が吹いたり、夕方になると肌寒く感じます。

ばんそうこう

水遊びをしていると擦り傷をつくる事が多いです。はしゃぎまわってると転んだりして、手や足を擦りむいたりしますから。

ウォータープルーフでジャンボタイプが重宝します。

 

さいごに

札幌の水遊びスポットを紹介しました。これ以外でも水遊びができるスポットはたくさんあります。

ウォータースライダーが設置されている公園もあるのでお近くの公園なんかもチェックしてみてください。

案外近くに水遊びができる公園があったりします。

携行品で車に常備できるものは載せておきましょう。予定外で水遊びするケースもあるでしょうから。

準備万端で楽しい夏を過ごしましょう!

あわせて読みたい

札幌競馬場で水遊び!家族みんなで楽しめるお出かけスポットを紹介!

週末に競馬ファンで賑わう札幌競馬場。 我が家は誰一人として競馬に興味が無いのですが、札幌競馬場へはよく行きます。夏も冬も... 理由は家族みんなで楽しめる水遊び場や遊具があり、沢山のイベントが開催され ...

続きを見る

おすすめ記事



-おでかけ, 遊び場
-, ,

© 2020 papamode