あさひかわ街あかりイルミネーション【失敗談】子連れで行く場合の注意点

おでかけ

旭川の冬の風物詩「あさひわか街あかりイルミネーション」を紹介します。

市内中心部各エリアごとに様々な演出がされ、イルミネーションがあたたかく街を照らします。

念願叶って見に行くことができたのですが、、、残念ながら全部を回ることはできませんでした。

失敗の多いイルミネーション鑑賞になった理由などもお伝えしていきます。子連れで行こうと思っているかたは是非最後まで読んでくださいね!

参考になると思います。多分

スポンサーリンク

あさひわか街あかりイルミネーション概要

旭川市内中心部の5つのエリアにイルミネーションが点灯します。各エリア毎に趣向を変えた演出となっており、華やかに街を彩ります。

期間 2018年12月1日~2019年3月10日
点灯時間 17:00~23:00
点灯場所 ■ナナカマドイルミネーション
緑橋通/旭川市宮下通~6条通8・9丁目
■フレンドリーイルミネーション
平和通買物公園/旭川市宮下通~8条通7・8丁目
■ウェルカムイルミネーション
昭和通/旭川市宮下通~4条通6・7丁目
■ロータリーイルミネーション
旭川市常盤通1丁目
■緑道イルミネーション
旭川市7条通7・8丁目
料金 無料
お問い合わせ >>公式サイト
実行委員会0166-23-0090

旭川駅から鑑賞スタート!

旭川駅前まで徒歩6分くらいのホテルに宿泊したので、歩いて向かいました。まずは旭川駅を目指します。

気温はどのくらいだったかな?マイナス気温であることは確かでしたが、雪が降っていなかったので観光には良かったです。

旭川駅前で走り回る

旭川駅はきれいになりましたね。以前見たときはこんな感じではなかったと思います。調べたら2011年に新しい駅舎が完成、2014年に駅前広場が完成。2015年には駅前にイオンモールができたんですね。

様変わりしてました。

駅前が広いから息子は走ってはしゃいでいました。

駅に入るとツリーがあります。記念にパシャリ

イオンがきれいだったよ!

駅前のイオンモールです。

クリスマスツリーや建物自体のライトアップがすごくきれいでしたね。

ある意味イルミネーションスポット的な感じ。

買物公園「フレンドリーイルミネーション」雪遊びを始める

旭川駅前から買物公園を見ると円すい形のモニュメントが見えます。

あさひかわ街あかりイルミネーションを象徴するモニュメントですね。

ただ、その周りは意外と寂しい。。。

でも反対から撮ると。

イオンのツリーやライトアップがきれいなので華やかな印象になりますね。

買物公園は左右の街路樹にイルミネーションが配され、約1km先の8条通まで続きます。

少し歩くとこの様なモニュメントが!

頭上まできれいです。

僕が写真撮影に夢中になっている間、息子は雪遊びを楽しんでいました。雪を投げたり、除雪で溜まった雪山に登ったり飛んだり。

楽しそう。ですが、、、

昭和通「ウェルカムイルミネーション」飽きる

道北屈指の歓楽街、通称「3・6街」。中央分離帯にあるツインピラーが印象的です。

それぞれ緑とオレンジにライトアップしています。

こう見ると、緑の方は上の丸い電球消えてますね。切れてたのかな?それはそれで貴重かな?

ツインピラーと車の光跡を撮って遊んでると、隣からこんな声が。

「お父さんまだですか?」

完全に飽きてます。買物公園の様に雪遊びできるわけでもないですしね。急ぎます。

7条通「緑道イルミネーション」力尽きる

さて、7条通まで行けば光のトンネルがある。と一度買物公園まで戻ったのですが、、、

先は遠い。写真の奥に見える「開拓のイメージ」というモニュメントわかりますかね?拡大しますよ。

あそこが7条緑道。

息子にあそこまで行けるか聞いたら浮かない顔。そしてなんだか苦痛な表情にも見えます。

なにか我慢してる。トイレか?

いやいや手袋でした。フリース素材の手袋だったので雪触って半分凍ってる。これは辛いわ。

ということで、息子から力尽きた感を受けたので緑道イルミネーションとロータリーイルミネーションは諦めました。ナナカマドイルミネーションはホテルに帰る途中に見ることにします。

旭川駅からロータリーまで普通に歩いて30分あるそうなので、どのみち子連れでは難しかったかもしれません。

妻がいたら見てもらってる間に自分だけ行けたかもしれませんが、、、仕方ないですね。

さて、ご飯でも食べます。

スポンサーリンク

食事どころで迷う

旭川と言えば「ラーメン」しか浮かばない僕ですが、ラーメンは翌日のお昼に食べようと思っていたので他を探します。

旭川と言えば~なんて考えながらぶらぶら街を歩いても迷うばかり。

自分の手袋を与え、いくらか良くなった息子の機嫌も怪しくなってきます。

で、イオンに泣きつきました。

お店は息子に選んでもらい

乾杯!

宮下通「ナナカマドイルミネーション」

予定どおりホテルへの帰り道で見ることができました。

宮下通から6条通まで続くナナカマドイルミネーションですが、途中5条通付近は動物イルミネーションとなっているそうです。

子連れで行く場合の注意点

  • 防寒対策はしっかりとする。
  • 手袋は雪で濡れないものにする(スキー手袋など)。
  • 食事場所は予め決めておく。
  • 歩いて全部回ろうとしない、車で移動も考えよう。

以上!

イルミネーションは意外と広範囲です。地図で見てまわれるなって思っても子連れではつらかったです。

さいごに

あさひかわ街あかりイルミネーションを紹介させていただきました。

全部を見ることができなかったのが残念ですが、あの寒さですからね。本当に寒い時期の旭川ではなかったと思いますが、札幌からしたらやっぱり寒く感じます。

手袋の選択ミスと鑑賞ルート管理など全然できていませんでした。まぁ、当日の朝に行くことを決めたわけですから仕方がないですね。って言い訳しておきます。

それにしてもあさひかわ街あかりイルミネーションはきれいでした。雪が降っていなかったので本当に住んだ空気のなかで楽しむことができましたよ!

子連れで歩いてまわるのはおすすめしませんが、車で移動しながらの鑑賞なら良いかと思います。コインパーキングが点在しているので、前もって近隣の駐車場を調べておけば問題ないでしょう。

子供と一緒に旭川のイルミネーションを楽しむ予定のかた。参考になりましたでしょうか。

ゆっくりと楽しんでくださいね。

では!

▼北海道の主要なイルミネーションイベントをまとめています。

 

▼旭川に子連れでいったらオススメの室内遊び場

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。