menu

羊ヶ丘展望台スノーパーク2017に行ったよ!入場料のみで駐車場もスノーストライダーも無料!

羊ヶ丘展望台の2017年スノーパークに行ってきました。

羊ヶ丘展望台といえば友人が北海道旅行に来た際に行きたいとのリクエストから行ったきりです。

そもそも冬にスノーパークが開催されていること自体を知らなかったのでどれだけ混んでるのかも未知数。祝日だったのである程度の混雑は覚悟して行ってみましたよ。

それでは入場料金や開催期間、遊べるアクティビティなど紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

羊ヶ丘展望台スノーパーク2017の開催期間と料金

羊ヶ丘展望台スノーパーク概要

【開催期間】
平成29年1月6日(金)~3月5日(日)

【時間】
10:00~15:00

【入場料金】
大人 520円
小・中学生 300円

【住所】
北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1番地

スノーパークではどんな遊びができるの?

羊ヶ丘展望台スノーパークには祝日にいったのですが、あいにくの天気…

雪が降りしきる中でしかもベタ雪。

それでも、前の日から雪遊びをたのしみにしていた子供の気持ちを裏切ることは出来ません。満足がいくまでたのしんできました。

各アクティビティは約100台分の無料駐車場を中心に囲むように点在しています。

まずは、どうしてもやりたかったチューブそり!


▲チューブそり滑り

オーストリア館の裏手に滑走路が2レーンあります。雪まつりや滝野すずらん公園のチューブそりに比べたら小さいですが、幼稚園児くらいまでなら十分たのしめますし、なにより安心して見ていられます。

一人乗り用のチューブと二人乗り用のチューブが用意されていますよ。

そして次はすべり台の後ろにあるボウリング


▲ボウリング

ボールの種類
・大きくて軽い
・小さくて軽い
・小さくて重い

この三種類でした。小さな子供には軽いボールがあるので遊びやすいですよ。

息子は5歳ですが、大きな軽いボールを好んであそんでいました。


▲新雪ダイビング

すべり台の上から撮影しました。
この日は天候が悪く、最近まとまった雪もなかったことから「新雪」という状態ではありません。

一面の銀世界なので観光客は喜びそうですね。


▲スノーストライダー

クラークチャペルにてスノーストライダーを無料で貸出しています。ストライダーにスキーのアタッチメントを付けたものですね。

対象は2歳から5歳まで。通常は20分の貸出しだそうですが、この日は空いていたので自由に遊んで下さいと言われましたよ。

クラーク広場のバス停よりのところにコースがあります。


▲スノーストライダーのコース

二人で競争したら楽しそうです。20~30m位ですかね。
2回くらい遊んで休憩。


▲かまくら

ストライダーでコースを滑り降りるとかまくらがあります。雨宿りも兼ねて休憩しました。中は風が無いので暖かく感じますよ。

そして、クラーク広場の中央で雪だるま作りです。


▲ミニ雪だるま作り

ふかふかの雪と型が準備されていますので、誰でも簡単お手軽に形の良い雪だるまが作れます。

目や鼻、マフラーなどを付けて完成です。


▲マフラーは品切れしてました。


▲歩くスキー

遠くに見えるのがスタート地点です。スキーもクラークチャペルで無料貸出ししています。

1周1kmのコースと200mのミニコースがあります。まだ子供がスキー出来ないので今回はやりませんでしたが、大きくなったら練習にいいなと思いました。


▲やってますね。

天気がよかったら札幌ドームも見えて気持ちいいでしょうね!

 

スノーパークは混雑する?

歩くスキー、新雪ダイビング以外を楽しみました。悪天候でビショビショになりましたが、かなり空いていたのでスムーズに体験ができたと思います。

行ったのが三連休最終日のお昼頃。混雑しているかなと感じてましたが、ガラガラでした。

天候が悪かったのが大きな原因と思います。

天気が良くても平日は空いていてゆっくりと楽しめます。また、週末に混雑していたということも聞きませんので、比較的空いているのではないでしょうか。

悪天候だったとは言え、三連休に空いていましたから…
案外あそべそうですね。

 

まとめ

初めての羊ヶ丘展望台スノーパークは楽しむことができました。天候さえ良ければ最高です。

我が家もそうですが、特に未就学児にとって遊びやすいアクティビティが揃っています。チューブそりやスノーストライダーのコースは傾斜・距離も適したものとなっています。

本当に安心して遊ばせておけますよ。未就学児なら入場料も無料ですしね。案外穴場かもしれませんよ!

2017年は3月5日まで開催されています。是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

会場レポ|トミカ博in札幌2017見どころはビッグダンプスライダー! 入場記念は2種!

札幌で雪遊びが楽しめる公園やイベント8選!チューブそりが大人気!!

スポンサーリンク




最近の記事

札幌・北海道の情報はこちら!

バナー

SNS

PAGE TOP