トーマスステーション札幌エスタに行ってきたよ!遊べる遊具や料金を紹介

おでかけ

札幌の新たな子連れスポット「トーマスステーション札幌」に行って来ました。所狭しと並んだ乗り物や遊具で楽しめます!

場所は札幌エスタ9Fナムコ店内。オープン後の祝日だったのですごく混雑していましたよ。

さっそく気になる店舗状況や各種アトラクションの料金について紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

トーマスステーション札幌では何して遊べる?

トーマスステーションが札幌にオープン!噂では聞いてましたが、あまりピンと来ていませんでした。どんなことができるのかな~?乗り物系のアトラクション?物販店舗?

かなり大きい施設を予想していたのですが、ナムコ店内の一角にできたんだよって聞いて、???が倍増することに。

百聞は一見にしかず。行ってみましょうということで今回足を運んだのですが、舐めてましたね。

もう、そこだけ大混雑みたいな….

オープンしたばかりなので仕方ないのですが、はしゃいだ男の子でいっぱい。さすがトーマスですね!男の子の人気者です。

それでは順に遊べるアトラクションを見ていきましょう。

 

トーマスのなかよしトレイン

これがトーマスステーションの人気ナンバー1でしょう!

行列ができる程でした。1台の定員が大人1名、子供1名になるのでさすがに行列になってしまいますよね。専用コースをゆっくり1周して終わりです。

料金は1回400円

 

トーマスのわくわくひろば

こちらはふわふわ遊具やレールのおもちゃ、ボールプールで自由に遊べる広場です。混雑していて写真をとるのをためらってしまいました。こんな写真しか準備できなくてすみません。

特にふわふわ遊具が人気でしたよ。

料金は30分400円

遊べるのは未就学の子供に限定されており、保護者同伴がルールです。定員が決められているので、遊びやすそうでしたね。

 

乗り物

ジャックのGOGOショベルは走りながら前方のバケットを上下に動かしボールを拾います。なかなかうまく拾えなくて笑っちゃいましたよ。

2周して終了です。

他にもたくさんの乗り物がありますので、お気に入りの乗り物をチョイスして遊びましょう。

◆ジャックのGO!GO!ショベル
◆フリンのファイヤートレーニング
◆ハロルドのスカイパトロール
◆レールてんけんしゃウィンストン
◆バスのパーティー  ほか

料金は1回200円~
ジャックのショベルは300円でした。

 

カプセルステーション

カプセル玩具販売機(ガチャガチャ)も数台設置されております。

回してみたのは、ヨーヨーが入っているガチャガチャ。すこし変わっているガチャマシーンで、回したら下の筒の中をグルグルまわって落ちてきます。何やら出口が2つあって当たりハズレがあるようでした。

もちろんハズレましたけどね。

料金は100円~
ヨーヨーは200円でした。

 

【スポンサーリンク】

 

トーマスステーション限定商品が狙い目

たくさんのアトラクションで楽しんだあとはグッズ販売をチェックしましょう。

トーマスステーションと言うくらいですから、市内のどのおもちゃ屋さんよりもトーマスグッズは豊富な品揃えだとおもいます。

そして、ここでの狙いどころはオリジナルグッズです。トーマスタウンやステーションでしか取り扱っていない限定商品をゲットできます。

この様にアマゾンなんかでも出品されていますが、値段はお高めです。

トーマスステーション札幌では限定商品を定価で購入することができるので嬉しい限りです。

お店に行ったら是非チェックしてみてくださいね。他にも限定商品があるかもしれませんよ!

 

トーマスステーション札幌 施設概要

【営業時間】
10:00~20:00

【料金】
入場無料
※各アトラクションの利用は有料

【店舗面積】
約100坪

【場所】
JRタワー札幌エスタ9F namco札幌エスタ店内

札幌市中央区北5条西2丁目1-1

 

まとめ

息子も楽しそうに遊んでくれました。トーマス好きな男の子には持ってこいの遊び場です。

ただ、ナムコ内にできた施設なのでトーマスで遊んだら、間違いなく「次はナムコのゲームセンターで遊ぶ」と言われるのが落ちです。

しかもエスタ9Fにはまだまだ誘惑が!

あそびパークPLUSも大きくリニューアルされたので、すごく楽しそうです。

広い砂場に光りの海が….素敵ですね。

今度はこちらにもお邪魔したいと思います。

トーマスステーションはもちろん、札幌エスタ9Fは室内遊びの聖地になりそうです。

時間に余裕があればいいですが、難しい場合は前もって「トーマスだけだよ」と約束しておかなければなりませんね。

▲札幌のお出かけ情報まとめ

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。