体験してきた!白い恋人パーク2018-2019プロジェクションマッピング&スケート

おでかけ

白い恋人パークイルミネーション2018-2019を会場で楽しんできたので紹介します!

昨年同様にプロジェクションマッピングとスケートが開催されていますが、場所と内容に違いがあります。

特にプロジェクションマッピングは昨年と全然違う!

こちらの記事ではプロジェクションマッピングとスケートのイベント概要や会場の様子。イルミネーションで変わったポイントもお伝えしていきます。

スポンサーリンク

白い恋人パークイルミネーションの詳細

■所在
白い恋人パーク
北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36

■営業時間
9:00~20:00

■駐車場
無料

■白い恋人パークイルミネーション
点灯期間:2018年11月2日(金)~2019年3月31日(日)
点灯時間:日没~20:30
入場料金:無料
※20:00以降はゲート外からの見学

■Sweets Excite Shooting(プロジェクションマッピング)
開催時間:日没~20:00
プレイ時間:約5分
料金:700円

■SWEETS Skate Fantasy(スケート)
開催時間:9:00~20:00
料金:500円

※プロジェクションマッピングとスケートはセット購入で1,000円

■お問い合わせ
>>白い恋人パークイルミネーション公式サイト
総合案内011-666-1481

参加型のプロジェクションマッピング
Sweets Excite Shooting

昨年のプロジェクションマッピングはサッカー場のピッチに映像を投影して、スタンド手前で演劇が繰り広げられるというものでした。

これが案外迫力あって楽しかったのですが、今年は白い恋人パークの壁面が舞台となります。

キャンディーシューターなる武器を使ってモンスターを倒す、参加、体感型のプロジェクションマッピング。シューティングゲームのでっかいバージョンみたいな感じでした。

プレイする場所はちょっとした舞台になっていて、そこからターゲットを狙い打ちます。

約5分間の参加で700円。

すこし値段が高いかなって感じました。5分ですからね。でもスケートと一緒なら1,000円になるので、遊ぶなら両方やった方がいいです。

でも、我が家は息子が興味を示さずスケートのみになりました。

多分、息子は分かりづらかったのだと思います。

大蛇やおばけ?などの敵キャラが出てくるのですが、少し見づらい。投影されてる光量が少ないような、、、そんな感じを受けました。

敵を倒せば次のステージに進み、より強い敵が出てきます。

こういった趣向に関してはすごく面白そうでした。最終的に点数も表示されております。


大きな蛇の敵です。

黄色いターゲットゾーンを狙って倒します。すべてをクリアすると花火が上がって終わりです。

息子は興味を示しませんでしたが、多くのお子さんで賑わってました。

「これやりたい!」という子どもたちの声がたくさん聞こえました。面白そうに見えるんですけどね、、、普通はね。

息子の興味が他と多少違うなって感じる今日この頃です。僕に似たかも、、、

氷を使わないスケート
SWEETS Skate Fantasy

さて今度はスケートです。

これは昨年とほぼ一緒ですね。違うのは場所が変わったことくらいですかね。ガリバータウンから白い恋人パーク中庭(チェダーハウス前)に移動しました。

プロジェクションマッピングのすぐ隣で開催されています。

チケットは白い恋人パーク館内の他、スケート場横でも販売しています。上の写真の一番右側です。

チケットを持ってスケート靴を借ります。手袋着用が必須となりますが、持っていない場合は軍手を貸してくれます。

スケート靴に履き替えたら、自分の靴は靴棚へ入れます。

では滑ります。

氷を使わないスケートリンク。

昨年はスケート靴に履き替えず、普段の靴のまま入ったので、氷と違って滑らないなぁとの印象でした。

が、

スケート靴で入ったら、、、滑る!楽しい!

息子そっちのけで楽しんでいたおじさんが一人いたのは痛い光景。

スケートなんて小学生のころ以来かな。転んでほっぺた擦りむいて「もう絶対やらない」と心に誓っていた僕ですが、白い恋人パーク氷を使わないスケートリンクに救われた感じです。

今年はスケート場デビューしてやろうかしら!手稲か!月寒か!なんて話になってます。

 

話しを戻しますが、白い恋人パークのスケートリンクにはお菓子や雪の結晶などの映像が投影されます。

それを踏むと映像が弾けるので子どもたちは夢中です。そして、一定時間が経過すると大きな雪だるまや白い恋人のパッケージが流れてきます。

それを踏むと!

中身が飛び出します!

雪だるまは踏むとスケートリンクすべてが雪の結晶で広がりました。

貸出スケート靴のサイズは15cm~28cmまで。1回500円ですが、時間制限はありません。息子も楽しくて結構な時間あそんでました。

最終的に汗だくです。

2018-2019シーズンのイルミネーション

楽しいアトラクションを遊んだ後はイルミネーションをゆっくりみていきましょう。

イルミネーションは毎年同じ様な感じです。大きく変わることはないので、昨年と違っているところを紹介していきます。

白い恋人パークイルミネーションの全体については以下の記事にて紹介していますので読んでいってください。

それでは、昨年との違いをみていきますね。

まずは、からくり時計塔の下に四角くて白いモニュメントがありました。

何かに使うのでしょうか?仕掛けがありそうなのですが、、、わかりません。

 

ポップコーンショップブライトン前(ロンドンバス前)の中庭ではトナカイとソリがなくなっていました。時期をずらして登場するかもしれませんが、11月3日時点ではありませんでした。残念。

ただですね、これ!

イルミネーショントンネルがありました!

人気の撮影スポットになってますね。

さらにこんなフォトスポットも!

白い恋人パークのみならず、北海道のイルミネーションは雪が積もってからが見頃と個人的には考えています。

特にここのイルミネーションは雪が積もるとイルミが増えますから。

ツリー周りの植物が冬囲いされイルミネーションが追加されます。それがすごくきれいなんですよね。

 

ここは定番の撮影スポットですから、記念撮影しましょう。

スポンサーリンク

寒くなったら中で休もう

白い恋人パークのイルミネーションのいいところの1つ。寒くなったら室内に逃げれます。

特にお子さんと一緒の場合は助かります。

この階段を上がって2階に行くとブリキのおもちゃとか展示されてますよね。僕は好きなんですが、、、

ん?

カフェになってます。

白い恋人ソフトクリームをはじめ、軽食もいただける様です。

コーヒーには白い恋人が1枚ついてきました。

1階でお土産の購入やキャンディラボではキャンディ製造の実演が行われておりますので楽しめます。

隅々まで白い恋人パークを楽しみましょう。

さいごに

白い恋人パークイルミネーション2018-2019を紹介させていただきました。

プロジェクションマッピングもスケートもお子様には大人気です。

特にオススメはスケート!氷を使わない幻想的なスケートリンクは楽しいですよ。

参加体験型のイルミネーションイベントは珍しいですね!両方一緒に遊んだら200円お得です。

開催期間も3/31までと長いので冬休みのお出かけにも良さそうです。

それでは今日はこのへんで。

では!

▼参考まで。昨年の様子はこちら

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。