ライフスタイル 子育て

赤ちゃんの熱中症対策グッズ6選!ベビーカーや車での移動を快適に。

2016-06-04

夏が近づくと心配になるのが熱中症です。特に赤ちゃんは熱中症になりやすいので注意が必要!

ベビーカーでの外出時は赤ちゃんの顔が見えない場合が多いのでその変化に気づかないことも・・・

かわいい我が子が熱中症にならないように対策グッズを有効活用しましょう。

スポンサーリンク

 

熱中症対策グッズおすすめ6選!

コンビ さらすやエアスルーシート

縦横に通気する三層メッシュシートです。背中のムレを解消し、汗をよくかく赤ちゃんの快適な移動に活躍します。

こちらはコンビのベビーカーはもちろん、チャイルドシートにも対応しているので、コンビユーザーにとって嬉しい一品ですね。

 

ひえぽかサポートクッション

保冷と保温にも対応!夏は冷やして熱中症対策。冬は温めてぽっかぽか!

こちらもベビーカー・チャイルドシート両方対応です。しかも、抱っこ紐にも装着が可能なので嬉しいですね。

 

KELGAR ベビーカー扇風機

電池で動く簡易扇風機です。クリップ式なので、ベビーカーや車など使用場所が限定されません。

 

ベビーカー照り返し防止シート

アスファルトの反射熱を抑えてベビーカー内の温度上昇をやわらげてくれます。エアースルークッションやひえぽかクッションと同時使用で赤ちゃんの快適さは倍増しそうですね。

 

車用カーテン

車内への直射日光から赤ちゃんを守ってくれます。肌が弱い赤ちゃんには必需品ですね。

 

急速!!冷却スプレー

炎天下で屋外に駐車すると車内がすごく熱くなりますよね。そんなときはこれ!スプレーするだけで冷却してくれます。

【スポンサーリンク】

 

赤ちゃんは「熱い!」と言えない

熱中症は気温の上昇により、体内の水分や塩分などのバランスがくずれると発生します。

運動や作業を炎天下で行うと危険ですが、高温の室内でじっとしているだけでも熱中症になる可能性があります。ましてや、自由に動くことができない赤ちゃんがベビーカーに乗っている状態は押しているパパやママよりそのリスクが高くなっているのです。

直射日光を遮ってあげてるから大丈夫と安心しないで下さい。ベビーカーは地面から近い為、アスファルトからの照り返しの放射熱が赤ちゃんを襲います。

最近のベビーカーはその辺のリスクを考え、ハイシートが主流になっているかと感じますが、油断は禁物ですよ。

赤ちゃんは「熱い!」と言えません。

ベビーカーや気温が上昇しやすい車内での対策グッズを使ってカワイイ赤ちゃんを夏の暑さから守ってあげて下さい。

しっかりと対策を講じて熱い夏をエンジョイしましょう!

あわせて読みたい

熱中症の症状 子供が鼻血を出したら要注意!対処方法と対策は?飲み物はダカラがいい

これから夏休みを向え、子供は外で遊ぶ機会が増えるでしょう。 今年の夏も厳しい暑さが予想されております。そうなると心配なのが熱中症ですよね。 子供が熱中症になると鼻血を出すケースもあるんだとか。今回は熱 ...

続きを見る

おすすめ記事



季節のおすすめ

札幌イベント2月 1

2月は冬真っ只中の札幌。 この時期は雪遊び系のイベントが中心です。寒さとの戦いとなりますが冬にしかできない遊びを目一杯楽しみましょう! こちらの記事では2020年2月に札幌で開催される子供と一緒に行き ...

2

小樽がスノーキャンドルで彩られる冬の祭典「小樽雪あかりの路」に行ってきました。 人のぬくもりを大切に小樽市民手作りのキャンドルが各所に灯ります。いつまでも変わらない「あったかさ」を大事に催されています ...

3

「北海道の冬は寒いから温泉でもつかってゆっくりしたいね」 ということで北湯沢温泉森のソラニワに宿泊して楽しんできました。 今年はキャンプを始めて週末には各地に遊びに行ってたのですが、冬の北海道ではそれ ...

4

北海道を代表する冬のまつり「層雲峡氷瀑まつり」 水を吹き付けてつくられた大小様々な氷像が夜はライトアップされて幻想的な空間に! そして20:30からほぼ毎日打ち上がる花火が祭りを一層盛り上げます。それ ...

5

氷の街「アイスヴィレッジ」を紹介します。 星野リゾートトマムに冬にだけ現れる幻想的な空間。氷のすべり台やホテル・教会など見どころ満載で子どもから大人まで楽しめる観光スポットです。 今回はじめて訪問し現 ...

-ライフスタイル, 子育て

Copyright© papamode , 2020 All Rights Reserved.