定山渓温泉で鯉のぼりと日帰り温泉を楽しむ!駐車場情報と日帰り温泉おすすめ5選

イベント・エンタメ

春の定山渓温泉は鯉のぼりが彩る!

札幌から車で約1時間。子供と一緒に鯉のぼりを見て日帰り温泉を楽しんで来ました。

鯉のぼりを見る際の駐車場情報と日帰り温泉のおすすめ5つを紹介します!

 

【スポンサーリンク】

 

第30回定山渓温泉渓流鯉のぼり

毎度ながら計画性が無い我が家は週末になると、明日どこ行こうか?今日どこ行こうか?と考えはじめてしまいます。

ネット検索でなんとなく行き場所を決めているんですが、今回は子供の日も近いので大きな鯉のぼりを見ることができるスポットを探してみました。

そして発見「定山渓温泉渓流鯉のぼり」

4月中旬~5月のGWまで開催されています。

大小400匹の鯉のぼりが豊平川の上を泳ぎます。温泉街に入ると鯉のぼりが目に飛び込んできて、雄大な自然と共に圧巻の景観を堪能できます。

いいイベントがあるじゃないですか!だったら日帰り温泉もついでに楽しんで来ようと出発。

IMG_9016

IMG_9012

子供は大喜びで鯉のぼりを眺めていました。

息子は最近、風に揺らめくものが好きで、車に乗っててもノボリや旗に興味津々です。

なので、鯉のぼりも例外なく喜んでくれましたよ。

 

 

鯉のぼりを見る際の駐車場は

定山渓には車で行ったのですが、宿泊ではないので駐車場はどうするんだと悩んでしまいました。

なんとなくあるかな位の軽い気持ちで考えていたんですが、現地に着いて少し慌てましたね。

ママに調べてもらうと、定山渓観光協会の公式サイトに情報が有りました。

駐車場は定山渓公共駐車場を利用(20台)

定山渓スポーツ公園無料駐車場があるのでそこを使えばいいんですね。

ホテルミリオーネの脇を入ればすぐ左側です。(札幌方面から来たら右側にホテルがあります。)

公衆トイレも有り助かりました。

鯉のぼりは温泉街の橋の上からみたのですが、橋の両脇に路上駐車している車もありましたね。

そこまで混み合っていなかったので、すんなりそこに停めて見ている家族もいましたよ。

GWには混むのではないかと想定されますので、日帰りで計画される方は駐車場などしっかりと調査していきましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

日帰り温泉オススメ5選

◆鹿の湯 花もみじ

北海道札幌市南区定山渓温泉西3丁目32
【営業時間】12:30~15:00
【料金】大人1,030円 小人515円
【タオル】フェイスタオル・バスタオルは備え付け有り
【温泉】展望浴殿 風月

定山渓の渓谷を一望できる展望露天風呂。
最上階の大浴場から四季折々の景観を楽しめます。
日帰り入浴では食事や広間が利用できないので注意。

 

◆ぬくもりの宿 ふる川

北海道札幌市南区定山渓温泉西4-353
【営業時間】12:00~16:00
【料金】大人1,100円 小人550円 幼児無料
【タオル】タオルセット貸出 220円
【温泉】展望浴場

裸電球の灯りが雰囲気を醸し出し、古い木で囲まれた浴場が和みを与える。
広間の利用も可。

 

◆定山渓第一寶亭留 翠山亭

北海道札幌市南区定山渓温泉西3丁目105
【営業時間】12:00~15:00
【料金】大人1,000円 小人600円(0~1歳は無料)
【タオル】タオルセット貸出 200円
【温泉】大浴場

3本の源泉を所有し、含有成分が異なる源泉のブレンド湯が楽しめる。
日帰り休憩処有り。

 

◆豊平峡温泉

北海道札幌市南区定山渓608番地2
【営業時間】平日10:00~0:00/日曜祭日9:00~0:00
【料金】大人1,000円 こども500円
【タオル】タオル220円、バスタオル(レンタル)520円(税込)※返却時に300円を返金。
【温泉】3つの露天風呂と美肌の湯

インドカレー店が併設されている一風変わった温泉。
100%源泉かけ流しの日帰り入浴施設。
札幌方面から定山渓の温泉街を右手に過ぎて豊平峡入り口交差点より左折。
大広間無料開放。

 

◆湯元小金湯

北海道札幌市南区小金湯25番地
【営業時間】10:00~23:00
【料金】大人750円 こども(4歳以下)400円
【タオル】手ぶらセット(タオル・浴衣)200円
【温泉】大浴場

定山渓温泉街から離れ札幌方面に位置する、一世紀以上の歴史をもつ天然温泉。
休憩どころも利用できる。

 

 

まとめ

「定山渓温泉渓流鯉のぼり」を見ることをメインに日帰り温泉の旅でしたが、充実した一日となりました。

立ち寄った温泉は帰りがてらに寄れる「小金湯」。

子供は露天のつぼ湯がお気に入りでしたね。風呂あがりにはソフトクリームを食べましたが、他のお客さんが食べていたかき氷がビッグサイズでびっくりしました。

それにすればよかったと後悔。

今回の旅で感じたのは駐車場探しや鯉のぼりをもっと堪能するという面で、温泉街にある日帰り温泉をチョイスした方がいいということです。

そのほうがすべてにおいてゆっくりとできるでしょう。

皆さんもお時間があれば是非、日帰り温泉でも楽しんで下さい。

 

▼気軽に足湯派の方はこちら▼

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。