熱中症の症状 子供が鼻血を出したら要注意!対処方法と対策は?飲み物はダカラがいい

暮らしの知恵

これから夏休みを向え、子供は外で遊ぶ機会が増えるでしょう。

今年の夏も厳しい暑さが予想されております。そうなると心配なのが熱中症ですよね。

子供が熱中症になると鼻血を出すケースもあるんだとか。今回は熱中症の症状と万が一熱中症になってしまった場合の対処方法を紹介します。

熱中症対策の飲み物はGREENダカラが良いらしいですよ。

 

【スポンサーリンク】

 

熱中症の症状

熱中症は症状の大きさで3つに分類されます。

【軽症】熱けいれん
筋肉痛・こむらがえり・筋肉のけいれん

【中症】熱疲労
めまい・だるさ・吐き気・頭痛

【重症】熱射病
発熱・意識障害・呼吸困難

だるさ・筋肉のけいれん・吐き気・発熱・めまい・呼吸困難などが一般的に知られている症状ですが、鼻血を出すケースもあるようです。

では、なぜ鼻血が出てしまうのでしょうか?

原理としては逆上せて鼻血がでるのと同じ事なんです。体温が上昇すると血流の量が増えますので、鼻の粘膜から出血しやすくなります。熱中症も体の温度が上昇している状態なので鼻血が出やすくなるわけです。そして非常に危険な状態だと判断してもいいのです。

なにせ、鼻血が出るほどに体温が上昇しているのですから。

いち早く、対処する必要がありますよ!

 

熱中症になった場合の対処方法

とにもかくにも熱中症の症状が子供に見られた場合は即座に対処しましょう。

◆涼しい場所へ移動
風通しのいい日陰や室内へ移動しましょう。

◆寝かせる
衣服をゆるめて足を高くしてあげましょう。

◆身体の熱を逃がす
冷えたタオルや保冷パックなどを使いましょう。

◆水分補給
水やスポーツ飲料・生理用食塩水などを飲ませましょう。

これが基本的な対処法です。軽症の場合は水分補給だけで回復するケースもありますが、心配な場合は病院へ診察に行きましょう。

また、意識がなくなったり、全身のけいれんを起こしている場合は救急車を呼びましょう。

救急車到着までは身体を冷やしてあげることです。水を直接かけたり、タオルを使って首筋や脇の下、足の付け根などを冷やしてあげるといいですね。

 

熱中症対策にはGREENダカラがいい?

熱中症の症状や対策についてみてきましたが、いかがだったでしょうか?意外と知らないこともあったと思います。

子供と一緒に外出していて熱中症の症状がみられた場合は即座に対処してあげて下さいね。

特にお父さん!万が一の時は家族を守るのはあなたですから、しっかりと知識を入れておきましょう。

 

熱中症対策に良い飲料が「GREENダカラ」だということがわかりましたので紹介します。

ダカラには様々なラインナップがありますが、GREENダカラは熱中症対策に効果的です。公式サイトにも熱中症対策を大きく謳っています。

そういえばテレビCMも幼い子供をつかっていることからそのへんがターゲット層になっているのでしょう。

実は我が家でもいつも冷蔵庫にGREENダカラが入っています。妻はこの辺の情報をすでに当たり前に知っているんですね。多分・・・

母親の子を想う気持ちは絶大です。父親も負けていないと思っても、毎日の何気ない行動をみるとやはり敵わないなと感じてしまいます。

 

 

【GREENダカラが熱中症対策にいい理由】

熱中症で失われるのは水分や塩分です。

GREENダカラは食塩に含まれる成分のナトリウムが含まれています。通常のダカラには含まれていません。

GREENダカラは汗によって奪われる塩分を補うことができるんです。しかも、子供もすごく飲みやすい味となっているのでおすすめです。

他にはポカリスエットもナトリウムが含まれていますので、熱中症対策には効果的ですよ。

今年も、熱中症対策をしっかりとして熱い夏を乗り切りましょう!!

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。