赤ちゃんの熱中症対策グッズ6選!ベビーカーや車での移動を快適に。

暮らしの知恵

夏が近づくと心配になるのが熱中症です。特に赤ちゃんは熱中症になりやすいので注意が必要!

ベビーカーでの外出時は赤ちゃんの顔が見えない場合が多いのでその変化に気づかないことも・・・

かわいい我が子が熱中症にならないように対策グッズを有効活用しましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

熱中症対策グッズおすすめ6選!

コンビ さらすやエアスルーシート

縦横に通気する三層メッシュシートです。背中のムレを解消し、汗をよくかく赤ちゃんの快適な移動に活躍します。

こちらはコンビのベビーカーはもちろん、チャイルドシートにも対応しているので、コンビユーザーにとって嬉しい一品ですね。

 

 

ひえぽかサポートクッション

保冷と保温にも対応!夏は冷やして熱中症対策。冬は温めてぽっかぽか!

こちらもベビーカー・チャイルドシート両方対応です。しかも、抱っこ紐にも装着が可能なので嬉しいですね。

 

 

KELGAR ベビーカー扇風機

電池で動く簡易扇風機です。クリップ式なので、ベビーカーや車など使用場所が限定されません。

 

 

ベビーカー照り返し防止シート

アスファルトの反射熱を抑えてベビーカー内の温度上昇をやわらげてくれます。エアースルークッションやひえぽかクッションと同時使用で赤ちゃんの快適さは倍増しそうですね。

 

 

車用カーテン

車内への直射日光から赤ちゃんを守ってくれます。肌が弱い赤ちゃんには必需品ですね。

 

 

急速!!冷却スプレー

炎天下で屋外に駐車すると車内がすごく熱くなりますよね。そんなときはこれ!スプレーするだけで冷却してくれます。

 

【スポンサーリンク】

 

赤ちゃんは「熱い!」と言えない

熱中症は気温の上昇により、体内の水分や塩分などのバランスがくずれると発生します。

運動や作業を炎天下で行うと危険ですが、高温の室内でじっとしているだけでも熱中症になる可能性があります。ましてや、自由に動くことができない赤ちゃんがベビーカーに乗っている状態は押しているパパやママよりそのリスクが高くなっているのです。

直射日光を遮ってあげてるから大丈夫と安心しないで下さい。ベビーカーは地面から近い為、アスファルトからの照り返しの放射熱が赤ちゃんを襲います。

最近のベビーカーはその辺のリスクを考え、ハイシートが主流になっているかと感じますが、油断は禁物ですよ。

赤ちゃんは「熱い!」と言えません。

ベビーカーや気温が上昇しやすい車内での対策グッズを使ってカワイイ赤ちゃんを夏の暑さから守ってあげて下さい。

しっかりと対策を講じて熱い夏をエンジョイしましょう!

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。