必見!円山動物園ホッキョクグマ館!混雑も来館時間が決め手だよ

お出かけ

ホッキョクグマ館がオープンして最初の日曜日。さっそく、円山動物園を訪れてきましたのでレポートします。

「円山動物園のホッキョクグマ館って楽しいの?」
「水中トンネルからはいつでもシロクマが見れるの?」
「何時ころに行くのがおすすめ?」

こちらはこの様な疑問をもったあなたに向けた記事です。

混雑状況や館内の様子など、見どころ満載でお伝えしますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

混雑状況

車で円山動物園に向かったのですが、ホッキョクグマ館がオープンして初めての週末。かなりの混雑なのかな~と現地に向かいました。

訪問した時間は日曜日の13:00ころ。長い長い車列ができていると思っていたのですが、そこまででは無かったです。

環状線側から登って行き、動物園の正門を過ぎたあたりから車列にならびました。待ち時間の表示は「50分」となっていましたが、実際には約10分車列に並んで駐車ができました。

もっともっと混んでいると思いましたが、意外ですね。

駐車券を係員から受け取り、館内へ。駐車料金は後払いです。

ホッキョクグマ館の見どころ

新しくなったホッキョクグマ館の見どころはなんと言っても以下の2点でしょう!

見どころ①広い外放飼場

以前の「世界の熊館」にくらべて広くなった外放牧場。順路から一番はじめに飛び込んでくる、その開放感に大きなホッキョクグマが小さく見えるほどです。

見どころ②水中トンネル

水中トンネルが一番の見どころですね!飛び込んでくるホッキョクグマは迫力満点です。トンネル上部を歩く姿や泳いで遊ぶ姿は圧巻です。

さて、それではこの2点の見どころが実際にはどの様に見学ができるのか、レポートしていきますよ!

ホッキョクグマ館をレポート

ホッキョクグマ館は円山動物園の一番奥です。


▲ホッキョクグマ館の外観

1階入口が手前にありますが、順路が指定されており、一番奥まで進んで行きます。

そして開放的な外放牧場が一番はじめです。

外からの見学スペースを楽しんで建物内に入ります。


▲外放牧場を建物内から見ることができる大きな窓が2つあります。

こんな感じで見学できます。近くまでくると迫力ありますよ!

そして、プールが見える窓もあり、水中トンネルを上から見ることができます。

次へ進みますよ。一度建物を出ます。


▲アザラシのプールを周りながら進みます。

あの上が気になりますね。屋上階です。行ってみますよ。

アザラシのプールも外放牧場も一望できますね。

さてそれでは、注目の水中トンネルに向かいます。

階段で1階にいきます。エレベーターもあるので、車椅子やベビーカーでも安心ですよ。

中に入ると大小様々な形の窓があり、水中の様子を見ることができます。左奥へ進んで行くと、トンネルの入口が見えてきます。

トンネル内が混雑しているのが分かりますかね。。。

ほら、すごいでしょ。大人気!!

お昼過ぎ位の混雑時にはトンネル内に多くの人が立ち止まっています。ホッキョクグマの入水を待って….

撮影するかたは通路のサイドによって待機。歩行者は真ん中を歩く感じです。

でもね、、、待っても待っても入水してくれないんですよ。。。 お昼に行った時はまったくもって見れませんでした。外で元気に遊んでいるララとリラはいたんですが、、、

とりあえず、諦めて他の動物を見に行きました。館内の係員に聞いたら「ここ数日は比較的午前中が活発なんです」とのことでした。

残念ですが、仕方ないですね。

水中トンネルはホッキョクグマのプールとアザラシのプールに渡って設置されています。

ホッキョクグマの泳ぎは見れませんでしたが、アザラシの華麗な泳ぎは楽しめました。

空を飛んでいるようですね。上から見るとこんな愛くるしい顔を見せてくれます。

これが見れたから今回は良しとします。

それと、トンネルを抜けると出口なのですが、その脇の階段を登ると水面の位置から放牧場と水中を見れるスポットもあります。

あ、やっぱり御休みになってたんですね。お二人さん。

 

【スポンサーリンク】

 

ホッキョクグマ館 夕方リベンジ

とは言えね。

やっぱり来たんだから、泳いでるホッキョクグマ見たいじゃないですか。

ということで、夕方になってリベンジに足を運んでみたんですよ。そしたら、こんな光景が!

トンネル内から上を見たらすぐそこにいるんですよ。さぁーこい!


キターーー

大歓声ですよ。リベンジして良かったですよ。

木の枝で楽しそうに遊んでいるララ?リラ?どっちかはわかりませんが、ホッキョクグマが泳いでいる姿をトンネル内から見れましたよ。

素晴らしい迫力です。

ホッキョクグマ館を見るおすすめの時間

ホッキョクグマ館は混雑しています。

これからも週末などの混雑は続くでしょう。なんせ、見応え十分ですから。

トンネルを楽しみに来場する方がほとんどですが、タイミングによっては水の中で遊ぶ姿を見れない場合もあると思います。

よって、ホッキョクグマ館を満喫するには時間に余裕をもつ必要がありますね。

係員が言うように、午前中が良いのではないでしょうか。そのときどきによって時間の傾向に違いがでるでしょうが、ダメなら時間をおいて午後からリベンジができます。僕たちの様にね。

新しいホッキョクグマ館はアクティブに動き回るホッキョクグマを見れるので、全体的に以前と比べ物にならないくらい見応えがあります。それでも、やっぱり、水中トンネルからの観察が一番の見どころです。

是非、見ていただきたいなと思います。おすすめですよ。

◆ホッキョクグマ館を楽しむ重要ポイント
①時間に余裕を持って来る
②できるなら午前中から

 

円山動物園 概要

■開園時間
夏期:3月1日~10月31日 9:30~16:30
冬期:11月1日~2月末日 9:30~16:00

■休園日
毎月:第2、第4水曜日(祝日の場合は翌日)
4月:第2水曜日を含むその週の月~金
11月:第2水曜日を含むその週の月~金

■入園料
年間パスポート:1,000円
大人:600円
子供:無料(中学生以下)

■所在地
札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

 

まとめ

今回は円山動物園のホッキョクグマ館を楽しんで来ました。

車は思った程の混雑では無かったですが、ホッキョクグマ館は混雑しています。トンネル内は特にです。

GWとかの混雑はものすごそうですね。それでも見るだけの価値はありますよ!

水中トンネルからの観察は根気強く粘りましょう。時間に余裕を持って来館することをおすすめします。

それと最後に、新しいホッキョクグマ館から以前の世界の熊館を眺められます。案外良い光景ですよ。

デナリとキャンディも元気そうです!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。