豊平峡ダムで紅葉狩り!見頃の週末は渋滞覚悟。それでも行く価値あるんだよ

おでかけ

今回は豊平峡ダムに紅葉を見に行ってきました。

こちらの記事では豊平峡ダムの紅葉の様子や見どころについて紹介していきます。

が、、、、

10月中旬。紅葉の見頃をむかえた定山渓はどこもかしこも混雑。

食事を予定していたお店も、紅葉スポットもあきらめて豊平峡ダムのみの観光となりました。

そんな道中もお伝えしていきます。

スポンサーリンク

紅葉が見頃で渋滞の定山渓

紅葉を家族で見に行こうというのは今年が初めて。まだ息子が幼いので紅葉をみても「?」だろうし、すぐ飽きるだろうということで避けていました。小学生になっていろいろなことに興味を持ち始めたことから足を運んでみることにしたのですが、紅葉がこんなに混雑しているものとは全く知りませんでした。って言うくらい渋滞してたんです。

先々週。国際スキー場へ行った際にはガラガラの街が嘘みたい。

札幌をお昼12:00くらいに出発し、小金湯温泉のところから国道230号線に入ったんですが、そこから渋滞に巻き込まれました。渋滞の車列に並ぶこと30分ほど、ようやく温泉街に到着しました。

 

まずはお目当てのジェラートやピザが食べれる新規オープンのお店へ。でもそこにも行列が。。。札幌国際に行った帰りに見つけてたんですが、その後テレビで紹介されてて嫌な予感はしてたんですけどね。

次の機会にしましょう。あきらめました。

お腹が空いた家族をつれ、二見吊橋を目指しますが、定山渓の無料駐車場も待ち状態。。。このままだと豊平峡間に合わないかも。

で、二見吊橋もあきらめたんです。

ムッとしちゃいますよね。お腹が空いた後部座席の二人もムッとしてましたが。

いざ!豊平峡ダムへ

渋滞

やっぱり、ここも渋滞してた。豊平峡温泉を越えて駐車場が近づくと約20分待ちの看板が。

仕方がない。この時点で14:10。焦りましたね。でも案外すんなり進んでいき、10分ほどで駐車できました。


駐車場

電気バスでダムへ

車をとめて山の方へ向かうとチケット売り場があります。

駐車場から豊平峡ダムまで約2kmは自家用車で行くことはできません。電気バスか徒歩となります。

電気バス:5~6分
徒歩:約30分

2kmと聞くと、歩けないことないかなって思いますけど、30分って聞くと、無理。ということで電気バスに乗車します。

【電気バス料金】
・大人 620円(片道350円)
・子供 300円(片道170円)

温泉パックやお食事パックもあるのでおすすめ。今回は温泉パックにしました。温泉は定山渓の8箇所から選ぶことができます。

僕らは豊平峡温泉にしました。通常豊平峡温泉の入泉料がおとな1,000円、電気バスパックは1,200円なので420円もお得です。

豊平峡ダムへの行き方についてはもう少し説明が必要かなと思いますので、別記事で詳しく紹介しますね。

 

▼電気バス乗り場

▼内部

電気バスは約20席。立ち席を含めて1台に約40名が乗車できます。全部で5台あり、紅葉期間中は5台フル稼働です。

ダムまでトンネルが2つあり、1つ目のトンネルを抜けると見どころ(九段の滝と千丈岩)があるので、スピードを落として説明してくれます。

止まってはくれませんので、降りることもゆっくり見ることもできません。ゆっくり見たい場合は徒歩で行くしかありませんね。

約5分。あっという間にダムに到着です。

豊平峡ダムの紅葉

それでは豊平峡ダムの各施設と紅葉を紹介していきます。

バスを降りると軽食の売店があります。展望台にあるレストランが混雑してそうなので、ここで簡単に食事を済ませました。


展望台に向かうリフトカーです。行列がすごかった。


ダムへはこのカムイ・ニセイ橋を渡ります。


曇り空が残念ですが、きれいな紅葉です。


ダム上の通路


下をのぞくと放流の状況が見えます。

観光放流は10月末まで実施しており、9:00~16:00までの時間見ることができます。(9月10月の平日は10:00~15:00)

 


豊平峡の紅葉です。


右上に見えるのが展望台とレストラン

行ってみましょう。

リフトカーはまだ少し並んでいたので、徒歩でいきます。170m徒歩5分なのでそこまで大変ではありません。


道中きれいな紅葉が見れるのでこちらを歩くのがおすすめかもしれません。


レストランが見えてきました。


絶景展望レストラン「だむみえ~る」

ネーミングいいですね。わかりやすい。


レストラン内


外ではジンギスカンもできます。

右奥に見えるのが展望台です。


展望台からの眺め

放流ももちろん見えます。

本当に見頃の紅葉はきれいです。豊平峡は岩肌と紅葉がダイナミックで見応えがあります。混雑だろうが渋滞だろうが見に行く価値がある。そんな眺めでした。

さて帰りますが、どうしてもゆっくりみたいところがあります。バスの道中で紹介されていた「九段の滝」と「千丈岩」です。

どうする?歩くか!

ということで僕だけ帰りは歩きました。


豊平峡トンネル

これを抜けるとちょっとした感動がありました。

真っ暗なトンネルをぬけるそこには….

あたり一面紅葉!右手には


「九段の滝」

左手には


「千丈岩」

これは良かった!歩いて。

30分の徒歩は辛いけど、これをゆっくり見るには歩くしかない。そして、案外歩いている人も多いんです。でも、子連れはやめた方がいいです。

なんせ


冷水トンネル

こちらのトンネルは長い。遠くに見える出口がなかなか大きくならない。いつまでも小さいので、足元みて黙々と歩くしかないです。

この記事を書いてるのは翌日の朝なんですが、足パンパンです。今日は歩きたくない。

スポンサーリンク

豊平峡ダム 概要

■所在
札幌市南区定山渓840番地

■駐車場
無料 250台

■ハイブリッド電気バス
【運行期間】
5/上旬~11/上旬
【運行時間】
8:45~16:00(下り最終便16:30)

■絶景展望レストランだむみえ~る
【営業期間】
9/下旬~10月下旬
【営業時間】
売店 9:00~16:00
お食事 10:30~15:30

■お問い合わせ
>>豊平峡ダム公式サイト
豊平峡電気バスTEL 011-598-3452

>>だむみえ~る公式サイト
だむみえ~るTEL 011-598-3261

さいごに

豊平峡ダムで紅葉を楽しんできました。

定山渓の混雑と渋滞には参りましたが、それを乗り越えてまで見る価値のある紅葉でした。

セットで購入した豊平峡温泉も気持ち良かったです。僕の中で一番好きな温泉かもしれません。ナンカレーもしっかり食べて、疲れたカラダは復活!

「二見吊橋は翌日行こう」

妻に呆れられたのは言うまでもありません。次の機会にします。

ダムには他にも豊平峡ダム資料室や豊平峡ダム管理支所などの建物があります。時間の都合で今回は寄ることはできませんでしたが、ダムカードを配付してたりするので、寄ることをおすすめします。

定山渓の紅葉は10月上旬~中旬が見頃です。

是非ご覧になっていただきたい景観です。おすすめ!

では!

▼10月で見納め。定山渓ネイチャールミナリエ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。