羊ヶ丘展望台 札幌を代表する観光スポットの楽しみ方!子連れにもおすすめ

おでかけ

札幌を代表する観光スポット「さっぽろ羊ヶ丘展望台」に行ってきました。

目的は肉カーニバルというイベント。すごく美味しかったですが、それよりも羊ヶ丘展望台の素晴らしさを再認識させていただきました。

子供とは広い芝生広場で楽しく遊べましたし、時間に余裕があったので各施設を隅々まで見学してきました。

ということでこちらの記事ではさっぽろ羊ヶ丘展望台の楽しみ方を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

さっぽろ羊ヶ丘展望台への入場 

羊ヶ丘展望台につくと入り口で入場料を支払います。

高校生以上:520円
小・中学生:300円

きれいな緑の丘を眺めながら登ります。丘の上に近づくと道路の両脇に駐車場がありますが、クラーク像が見えるところまで上がっても駐車場はあります。

駐車場は無料です。車を停めたらまずはメインのクラーク像と記念撮影です。

クラーク像及び記念碑

クラーク像

日によっては観光バスがひっきりなしにやってきて、クラーク像との撮影は順番待ちとなっています。

基本99%の方はクラークポーズをとって撮影します。鉄板のスタイルですね。もちろん僕らもそうしました。

クラーク像がある広場には、他にも記念碑があります。

日ハム記念碑

北海道日本ハムファイターズ誕生記念碑です。

写真では遠くてわかりませんが、茶色いレンガ作りの壁面に北海道日本ハムファイターズとして初めてベンチ入りした選手らの手形やサインのレリーフが並んでいます。

裕次郎記念碑

石原裕次郎歌碑です。

恋の町札幌の大ヒットを記念して作られた歌碑。故石原裕次郎と作曲家・故浜口庫之助の銅像が左右に配されています。

クラーク旅立ちの鐘

鐘を鳴らすことができ記念撮影のスポットにもなっています。

ストライダーの無料体験

ストライダーは無料で体験できます。

時間は10:00~16:00まで。
対象年齢は2歳~5歳まで。

ストライダーの利用範囲は柵で囲まれているのでわかりやすいと思います。

息子も遊びたがっていましたが、年齢制限で駄目でした。

羊さんのお家

トイレの奥の方に羊さんのお家なるものを見つけました。

中を覗きましたが、一頭もいません。羊は外で運動中の様です。

クラーク像の方まで運動に移動していました。時期によっては羊毛の刈り取りイベントなども行っています。

なんだかのんびりしていていい感じですね。

さっぽろ雪まつり資料館

ここは必見ですね!

さっぽろ雪まつりの過去のポスターや雪像の模型展示が見られます。レアなグッズ展示も見どころです。


第1~8回目まで使われたポスター。


雪像模型が所狭しと並んでいます。

芝生広場

レストハウスの裏には広くてきれいな芝生が広がっております。

開放的ですよね。息子はすぐに走り出して追いかけっこが始まりました。持参したボール遊びなども楽しんで息子は本当に楽しそうでしたね。

特に遊具とかは無いですが、それがかえっていい感じ。自然とあそぼう的なね。

冬はこのスペースにチューブそり用の滑り台が登場します。

チューブそりは無料貸出しているので手ぶらで十分に楽しめる雪遊び場です。

グルメやお土産

レストハウス

1Fは団体専用でイベント時には催し物コーナーとなります。

この日はこれが目当て!


肉カーニバル!!北海道産ブランド牛の食べくらべ!

白老牛が特に美味しかったです。

時期によって様々なグルメイベントが開催されているので公式サイト等でチェックしておきましょう。

>>公式サイト・イベント情報

 


2階レストランです。

ジンギスカン食べ放題などがあり、観光客には嬉しい。

3階にはイベントホールとキッズルーム

 

幼いお子様向けですね。

オーストリア館

なんでオーストリア?

それは1972年の札幌オリンピックで使ったオーストリア選手村の建物をそのまま移設したからなんです。

知ってました?

中は休憩所となっており、軽食やソフトクリームの販売を行っています。

羊ヶ丘展望台オリジナルソフトの他、白い恋人ソフトクリームも好評です。

遊びつかれたらゆっくりと休めます。

2階はお土産屋さんとなっているので、観光の方は頭に入れておきましょう。どこかで寄らなければならないですからね。

品揃えは豊富ですよ。

足湯

最後に紹介するのは足湯。

「羊ヶ丘ほっと足湯」です。

広くは無いですが、屋根付きなので雨が降っても大丈夫。タオルがなくても100円で販売されてます。

見てると案外子供の利用が多いと感じます。水遊び的な感じが楽しいのかもしれませんね。

もちろん、大人もゆっくりできますから、旅の疲れを癒やしましょう。

スポンサーリンク

さっぽろ羊ケ丘展望台 概要

■所在
北海道札幌市豊平区羊ケ丘1番地

■営業時間
5月~6月 8:30~18:00
7月~8月 8:30~19:00
9月    8:30~18:00
10月~4月 9:00~17:00

■施設営業時間
・レストハウス
5月~6月 10:30~17:00
7月~8月 10:30~19:00
9月    10:30~18:00
10月~4月 10:30~15:00

・オーストリア館と雪まつり資料館
5月~6月 8:30~18:00
7月~8月 8:30~19:00
9月    8:30~18:00
10月~4月 9:00~17:00

■休日
年中無休

■入場料金
大人 520円(団体470円)
小・中学生 300円(団体270円)
年間パス 1,000円

■支払い方法
各種クレジット・電子マネー可

■問い合わせ
さっぽろ羊ヶ丘展望台 管理事務所011-851-3080
>>公式サイト

 

さいごに

さっぽろ羊ヶ丘展望台を紹介させていただきました。

クラーク像で有名で北海道の観光スポットとして真っ先に上がる場所です。

道外からの観光客の方がほとんどだとは思いますが、札幌市民のかたも十分に楽しむことができます。

季節によって様々なイベントが行われているので、それに合わせて来場するのがおすすめ。

グルメイベントに合わせて行くのが良いでしょう!

食べて美味しい、遊んで楽しい。

子供も大人も大満足なお出かけスポットですよ。是非です。

では!

 あわせて読みたい 

PaPaMode観光スポット記事一覧

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。