menu

北海道さくらんぼ狩りの時期と札幌近郊のオススメ5選。西野にもあるぞ!

夏が近づいできて暖かくなってくると「さくらんぼ狩り」に行きたくなってきます。今年は子供を連れていい思い出をつくりませんか。

北海道のさくらんぼの時期は7月中旬をピークに8月上旬まで楽しめます。夏の思い出に是非計画してみてはいかがでしょうか!

北海道ではさくらんぼにかぎらず果物といえば仁木町や壮瞥町が有名ですね。でも札幌から行くとなるとちょっと遠出のイメージです。仁木町なら車で1時間以上くらいでしょうが、壮瞥町なら2時間はかかってしまいます。

そこでこちらでは、札幌でさくらんぼ狩りをしたいと思っている方向けに札幌市に限定してさくらんぼ狩りのおすすめスポットを紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

札幌市でさくらんぼ狩りをするには南区か西区

札幌市内でさくらんぼ狩りをするには南区がすぐに浮かんできますね。果樹園が多くあります。そして、意外と知られていないのが西区西野の果樹園でしょう。

それでは順にご紹介します。

篠原果樹園(南区)

住所:札幌市南区豊滝44
TEL:011-596-2821
時期:7月~8月初旬

営業時間:9:00~16:00
※雨天休業

【入園料】
小学生・大人:800円
幼児:800円
2歳以下:無 料

【お持ち帰り】
さくらんぼ(100g):160円
さくらんぼ南陽(100g):400円

時間無制限でたのしめるさくらんぼ狩り。7月上旬から開園していますが、さくらんぼは完熟していなので7月中旬以降に行くのがいい様です。心配な場合は電話で確認しましょう。

 

定山渓わいわいふぁーむ(南区)

住所:札幌市南区定山渓832番地
TEL:011-598-4050
時期:7月上旬~8月下旬

営業時間:9:00~16:00(3月~10月)
            10:00~15:00(11月~2月)

【サービス料金】
さくらんぼ狩り(60分)
大人(中学生以上):1,300円
こども(小学生):1,000円
幼児(3歳~未就学児):600円

さくらんぼ狩り以外でもいちご狩りやプラム・りんご狩りが季節に応じてできる。また、釣り堀・ピザづくり・ジャムづくりなどの体験教室もあるので、子供連れには楽しい施設となっています。

 

八剣山果樹園(南区)

住所:札幌市南区砥山84
TEL:011-596-2694
時期:7月上旬~7月下旬

営業時間: 9:00~17:00

【サービス料金】
さくらんぼ狩り
大人(中学生以):1,000円
小学生:650円
幼児(3才以上):300円

※食べ放題や持ち帰りは別料金です。

乗馬体験・釣り堀・ラフティング・BBQなど様々な体験ができる施設です。さくらんぼ以外でもいちごやプラム狩り。じゃがいもやとうきびなどの野菜収穫も楽しめます。

 

砥山ふれあい果樹園(南区)

住所:札幌市南区砥山126
TEL:011-596-2280
時期:7月上旬~7月中旬

営業時間: 9:00~17:00(平日)
              9:00~18:00(土日祝日)

【サービス料金】
さくらんぼ狩り(食べ放題)
大人:1,000円
小人(4歳~小学生):700円

※持ち帰りは別料金です。

6月下旬から10月上旬は果物狩りで入園すると園内でBBQができる場所を提供していただけます。食事や材料は持ち込みとなりますが、家族や仲間内で大人はBBQを楽しみ、子供はさくらんぼ狩りを楽しむなんて使い方もいいかもしれませんね。

 

阿部さくらんぼ園(西区)

住所:札幌市西区西野6条10丁目の裏
TEL:011-663-6518
時期:7月上旬~7月中旬頃
※2017年は未確認です。必ず確認してから行きましょう。

営業時間: 9:00~17:00

【サービス料金】
さくらんぼ狩り(時間無制限食べ放題)
大人(中学生以上):500円(平日) 800円(土日祝)
小人(小学生):300円(平日) 400円(土日祝)
幼児(小学生未満):無料

※持ち帰りは100g100円です。

札幌中心部からは一番近い場所です。意外と知らない穴場スポット。
上記情報は2016年のものですので、行く前に必ず確認してから行くようにしましょう。

南区の各施設よりも入園料やお持ち帰りの金額にも格安感がありますね。

 

 

子供用の水筒を直飲みステンレスにした理由。水筒の選び方は結構悩む!?

2016年 子供向け夏休み映画オススメ6選!前売りプレゼントをゲットしよう!

スポンサーリンク




最近の記事

札幌・北海道の情報はこちら!

バナー

SNS

PAGE TOP