• HOME
  • ブログ
  • 観光
  • 白い恋人パークがリニューアル!工場見学プロジェクションマッピングは必見!

白い恋人パークがリニューアル!工場見学プロジェクションマッピングは必見!

観光
スポンサーリンク

2019年7月、白い恋人パークがリニューアルオープンしました。

早速、現地を楽しんできたので紹介します。

特に見どころは工場見学。プロジェクションマッピングショーのコースが追加され料金体型も二種類となりました。

どっちのコースにしたら良いのか?プロジェクションマッピングショーは見たほうが良いのか?悩むところです。

こちらの記事では

  • 白い恋人パークの概要
  • リニューアルされた館内の様子
  • 工場見学の様子
  • 工場見学の割引について

行く前に知っておきたい情報をお伝えしていきます。

白い恋人パーク 概要

■所在
北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36

■駐車場
無料

■営業時間
9:00~19:00

■ファクトリーコース営業時間
9:00~18:00(ラスト17:00)

■料金
・ファクトリーコース
中学生以下 300円
高校生以上 600円

・プレミアムファクトリーコース
中学生以下 1,200円
高校生以上 1,500円

※いずれも3才以下無料
※プレミアムファクトリーコース入館料にはファクトリーコース入館料も含まれています。

■問い合わせ
>>公式サイト
総合案内011-666-1481

 

白い恋人パークは工場見学だけではなく、様々な施設があります。

大きく分けて
・チュダーハウス(お土産等)
・チョコトピア(工場見学)
・ガリバータウン

こちらの記事ではチュダーハウスとチョコトピアを紹介していきます。

チュダーハウス

チュダーハウスに入るとこの赤い絨毯がきれいな階段が目に飛び込んできます。ここで記念写真を撮る方が多いのですね。

その右手にある、ショップ・ピカデリーもきれいになりました。

ショップ・ピカデリー

白い恋人はもちろん様々なお菓子やケーキが揃います。お土産選びは確実に迷うことでしょう。

ピカデリーの奥には


フォトショップ・メメント

こちらでは写真入りのオリジナル白い恋人缶などがつくれます。

その隣には


ケーキショップ


他にロールケーキなどもありました。

キャンディラボ

建物に入って左手がキャンディラボ

キャンディ製造の実演をみることができます。

実演が終わるとできたてのキャンディが振る舞われますので、すこし温かい状態のキャンディを食べることができます。

イシヤミュージアム

二階にはイシヤミュージアム。

石屋製菓の歴史を学ぶことができる施設です。

他にも見どころたくさん


カフェ・バトラーズワーフ

2階にある軽食やスイーツなど販売されているカフェです。

2階には他にキッズタウン・ピッケ(有料)があります。

30分1名200円で、対象年齢は0歳~8歳まで。保護者も一緒に入場がルールです。

 

それでは工場見学ができるチョコトピアに移動しましょう。

チョコトピア(工場見学)

チュダーハウスから一度外に出て、国道側にチョコトピアがあります。


チケットカウンターです。

工場見学は二種類のコースとなりました。

「ファクトリーコース」
3階の製造ラインとお菓子作り体験ができる4階を自由に見学できます。

「プレミアムファクトリーコース」
ファクトリーコースにプラスして、プロジェクションマッピングショーで楽しめる約30分のツアーが観覧できます。


白い恋人がもらえるのは変わっていませんね。

チケットはファクトリーコースのエントランスで提示しましょう。当日限り有効で出入りは自由です。


プレミアムファクトリーツアーのチケットがこちら。腕に巻き付けることができます。

チョコトピアハウス
(プレミアムファクトリーコース)


チョコトピアハウスの入り口です。

チケットカウンターがあるチョコトピアから出て向かいです。からくり時計塔の1階ですよ。

中に入ると待合室があるのでそこでチケットを係の方に渡して待機します。


待合室

写真撮影はここまで。

プレミアムファクトリーツアー中は撮影禁止です。

時間になると案内係の方が登場してツアースタートです。暗がりの階段を上がるとそこにはチョコレートを愛しすぎた博士「イシミッティ」がいます。

博士と案内係の軽快な掛け合いを楽しみ先へ進むと立派な噴水があり、プロジェクションマッピングでチョコレートの四大革命が紹介されます。

以前は、チョコレートの歴史をパネルなどで見るものでしたが、プロジェクションマッピングと映像でだれでも理解しやすく楽しめるものとなりました。

プロジェクションマッピングが終わると貴重なチョコレートカップなどが並ぶ部屋に通されます。

こちらでも博士が登場し思い入れのあるカップの説明などが行われます。

一通りの説明が終わると、そこから撮影が解禁されます。


割れてる。。。

なぜ割れてるのか?それは実際に現地で確認してみてくださいね。

これでファクトリーツアーは終了。工場見学です。

チョコトピアファクトリー(3F)

工場内は大きな変更はありませんね。

白い恋人の他にバームクーヘンの製造ラインも見学できます。

製造ラインを見ることができる窓の反対側には白い恋人の妖精たちが「白い恋人ができるまで」を大きなジオラマで再現しています。

手元のハンドルを回したり、ボタンを触ったりするとジオラマが動く仕組みで子供達が楽しそうに遊んでいました。

チョコトピアマーケット(4F)


4階にはチョコレートラウンジ・オックスフォード


ベンチが並ぶ休憩スペース的な場所の壁が撮影スポットになっていました。トライアルプレイス・コヴェントという名称です。

その脇では気軽に食べれるスイーツの販売も。

1階のピカデリー内にあったフォトショップ・メメントは4階にもありました。

さらに楽しかったのが「マジカルマルシェ」

様々な撮影スポットがあります。


特に人気だったのがこちら。

手前の光るベンチに二人が座って画面に合わせて移動すると


成功!

これがなかなかうまくいかなくて面白いのです。


受話器をとって番号ボタンを押すとイシミッティが何やら話しをしてくれます。

他にも一風変わったフォトスポットがあるので楽しめますよ。

スポンサーリンク

感想 プロジェクションマッピングは見る価値があるのか?

工場見学自体の内容はそこまで大きく変わった訳ではありません。ですが、その魅せ方がプロジェクションマッピングになって楽しくなったということです。

料金的に900円がこれまでより高くなりました。(プレミアムファクトリーコースの場合)

この900円でプロジェクションマッピングのツアーを見るかどうかの判断です。

白い恋人の製造ラインを見たいだけなら見なくていいですが、見ないとどうだったんだろうって後悔します。

ツアー自体はすごくたのしいものです。クスっと笑えるシーンやプロジェクションマッピングも見応えがあり、勉強になります。見たほうがいいなと感じます。観光で遠方からきたなら必見です。

ただ、個人的には900円は少し高いかなって感じます。合計1500円ですから、子供含む家族3人で4,200円です。

各種割引サービスとかクーポンとか出してほしいですね。

白い恋人パーク工場見学料金の割引

さがしました。

割引クーポン。2019年7月現在ではJAF会員の100円引きくらいでしょうか。

>>JAF会員優待

▼会員登録はこちら
日本自動車連盟(JAF)

さいごに

リニューアルされた白い恋人パークへ行ってきました。

各施設がきれいに新しくなっています。

とくに工場見学はプロジェクションマッピングが導入され楽しかったですよ。

少し値段が高いかなって思いますが、見ないで帰るのも損かなって感じます。

新しくなった白い恋人パークを実際に楽しんでほしいです。

では!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。