秩父別町の室内遊び場「ちっくる」を満喫!クール制による入場制限が開始。

おでかけ
スポンサーリンク

今回は秩父別町の「キッズスクエアちっくる」におじゃましてきました。

以前より気になっていていつか行きたいと思っていた施設です。札幌から高速で約1時間30分。少し遠出でしたけど、本当に行って良かったです。

あれだけの施設で無料開放しているのですから驚きです。しかも、2018年7月には新たな遊べる新施設も誕生しました!そして、2019年4月からは、土日祝等の混雑時は完全入替えのクール制が導入されました。詳しく解説していきますね。

そして余談ですが、こんな素晴らしい遊び場を無料開放している秩父別町が気になり調べると、子育てに優しく、充実した支援や医療福祉が受けられることを知りました。

その辺も含めて、見逃せない子連れスポットを紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

「キッズスクエアちっくる」の場所

息子が幼稚園を卒園した春休み。妻は小学校入学の準備でいそがしいので、息子を連れて2人でお出かけすることに。

まだ雪が残ってるし、外遊びでは寒いよな~。室内で目一杯遊べる施設、「ピッピ千歳」や「であえーる岩見沢」の様なところがいいかなと考え「ちっくる」に決めました。

場所は秩父別町。

道央道を利用する場合は深川JCTから深川留萌自動車道(無料区間)に入り、秩父別ICで降りると近いです。

ベルパークちっぷべつ内にあるのですが、奥まったところにあるので少し分かりづらいかもしれません。秩父別町ファミリースポーツセンターの奥にあります。

百年記念塔とベルの付いたアーチが目印。

百年記念塔の道路を挟んで向かいが秩父別町ファミリースポーツセンターです。

駐車場はスポーツセンター側に約30台。満車だったら、記念塔側が第二駐車場になっているので利用しましょう。約100台収容です。

いづれも無料ですよ。

■住所
〒078-2100 北海道雨竜郡秩父別町秩父別1264

 

ネット遊具が楽しすぎ!館内紹介

それでは「ちっくる」に行きますよ!

ファミリースポーツセンターの下通路を抜けて奥に「ちっくる」が見えてきます。

 

混雑中の看板。

さすがに祝日ですからね。

 

まずは受付を済ませよう

館内に入ると右手に下足棚があります。

靴をしまったら受付をしますよ。

 

タッチパネルの受付機で必要事項を入力します。とは言っても、人数とどこから来たか位の入力で簡単に終わっちゃいます。
館内で遊ぶ時は靴下を脱ぐのがルールです。

 

また、館内は飲食物の持ち込みが禁止されていますので、注意してくださいね。のどが乾いたり、お腹が空いたら館内に設置されてある自販機を利用しましょう。

 

2019年4月から利用方法が変更になりました。

これまではタッチパネルでの受付だけであそべましたが、変更になりました。

■変更点
1.受付方法の変更
 入館時に必ず利用申請書を記載する。カード作成すると次回からカード提示のみで入場可能。

2.必ず保護者同伴
 入場時は必ず保護者か責任のある同伴者が付き添いする。ただし小学3年生以上のお子さんは1人で入場可能。

3.入場制限の実施
 休日など混雑が予想される日は入場規制を行われます。

【実施予定】
 土日祝・GW(4/27~5/6)、夏休み・お盆期間(7/22~8/25)。予定に関わらず、急遽入場規制をする場合もあります。

【入場制限について】
1. 入場制限時間帯(4月~6月)
完全入替制の1日4クール
①9:00~10:30
②11:00~12:30
③13:00~14:30
④15:00~17:00

2. 1クール大人子供あわせて200人程度
3. 入場不可の場合は次のクールの整理券を配布
4. 団体の扱いは無し。
5. 完全入替え制
6. その他
  ①入場制限は入場人数により、予定日以外でも行う場合がある。
  ②入場制限については>>秩父別町ホームページでも確認できる。
  ③7月と8月は別クールを計画している。

ネットがメインの遊具は圧巻

それでは遊具です。

ネット遊具は圧巻ですね。道内最大級だそうな!

 

ネットは二層構造となっていて、上からみるとこんな感じ。
滝のすずらん公園の虹の巣ドームに近い印象ですかね。
 
でも、息子が一番好きだったのではこのすべり台。
何度も滑って楽しんでいました。

 

建物内はメインのネット遊具が天井まで抜けており、2階はネット周囲を取り囲むようになっています。ということでたくさんの子供がかけっこをしてグルグルグルグルまわっていますね。

また、椅子やテーブがあり休憩することもできますよ。

保護者の休憩所は1階受付脇にもありますが、基本満席です。僕はほぼ2階にいました。

 

遊具は他にもたくさん!

トランポリン

 

クライミングウォール

 

コンビネーション遊具

 

幼児コーナー

 

赤ちゃん向けのトンネル遊具かな。

 

他にも、ロディや大きなゴムのボール。踏んだら音がなるマットなど遊べるおもちゃがたくさんあります。

子供なら一日中いても飽きないかもしれません。

付帯設備をチェック

トイレはもちろん子供用の小さなカワイイ便器が大小共にあります。

 

うがい手洗いができる流しもトイレとは別にあります。

 

ロッカーに手荷物を入れて置くことができます。隣には鍵付きの貴重品ロッカーがあります。

 

2階には鍵付きの大きめのロッカーがあります。

 

館内見取り図です。

 

キュービックコネクションがオープン間近!

ちっくるの2階まどから新施設「キュービックコネクション」の建築状況が確認できました。

 

これはすごいですね!高さ13m幅58mの遊具ですよ!

リングラダーやログスロープなどの遊具20種類が整備される他、周辺にはブランコや水遊び場、健康遊具も導入されるそうです。

完成は平成30年7月予定。

キャンプ場も併設しているので、泊りがけで遊びにくる施設になりますね。楽しみ!!

【追記】
キュービックコネクションが完成しました。オープン日に足を運んできたので紹介します。

秩父別町は子育てに優しい

午後2:00に到着して約2時間30分。目一杯遊び倒しました。

息子も汗だくでハシャイでいたので、相当楽しかったみたいです。

それでふと疑問に思ったのが、料金です。これだけの施設を無料開放しているのはすごいなと。

地域の方が羨ましいなと思い調べたら、ちっくるはふるさと納税を財源として運営されているのが分かりました。

そして、、、さらに調べると、、、

秩父別町の子育て支援や医療福祉が充実していてすごいんです。

こちらの画像をご覧ください。

キュービックコネクションのチラシの裏に印刷された。秩父別町の支援一覧です。

よく見たら、すごいんですよ。

まずは、医療費助成が高校3年生まで無料です。おたふくやロタウイルスといった任意の乳幼児予防接種や高校生までのインフルエンザ予防接種も無料です。

出産したら一年後に祝金がでます。高校生以下の子供がいたら水道基本料金全額助成などなど。

移住したくなっちゃいますよね。僕は田舎育ちなので、子供は大自然で育てたいという考えがあります。今の仕事を考えると現実的には難しいのですが、、、

しかも、移住する際の支援もあるじゃないですか。

ちっくるが無料なはずです。住みよい環境を提供するという理念が根底にあるんですね。

秩父別町の子育て支援等の詳細は 公式ホームページ を参照してください。

「キッズスクエアちっくる」概要

■営業時間
9:00~17:00
※7~8月は18:00まで

■利用対象者
幼児~小学生(保護者)

■休館日
毎月第4月曜日(祝祭日の場合は翌日)
年末年始(12/30~1/1)

■利用料
無料

■所在地
雨竜郡秩父別町1264番地1
ベルパークちっぷべつ内
(秩父別町ファミリースポーツセンター西側)

まとめ

今回は秩父別町の「キッズスクエアちっくる」を紹介させていただきました。

ネット遊具が道内でも有数の施設ということで、楽しみにしていたのですが、本当にすごいです。

幼稚園児から小学生低学年の子が多かったと思います。祝日に言ったので、混雑していましたが、十分楽しむことができましたよ。

ベルパーク内には温泉施設もあるので、ちっくるで遊んだ帰りに汗を流して帰ることもできますし、キャンプで泊りがけで行くのも良いですね。

しかも、外遊びの新施設「キュービックコネクション」も誕生しました。

室内遊びも外遊び、水遊びも楽しめる秩父別は今後注目ですね!

▼ちっくるで遊んだら次はココ▼

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。