支笏湖氷濤まつりライトアップや花火を堪能!駐車場は混雑必至です。

イベント

支笏湖の水をスプリンクラーで吹付け凍らせたオブジェはまさに支笏湖ブルー!夜は色とりどりにライトアップされ幻想的な空間を演出する支笏湖氷濤まつり。

週末には花火が打ち上げられ観客を魅了します。

こちらの記事では

  • 開催日程やイベント情報
  • 駐車場やバス時間について
  • 花火大会時の駐車場混雑状況
  • 氷濤まつり会場の様子

特に駐車場の混雑状況については、実際に氷濤まつりに参加して確認できたことですから必見です。

花火大会を見る方は会場入りの時間に注意してくださいね。道路が混雑し車列ができますから。

スポンサーリンク

支笏湖氷濤まつり2019年の日程

まずは何より支笏湖氷濤まつり2019年の日程を確認しておきましょう。

【開催期間】
2019年1月25日(金)~2月17日(日)

【開場時間】
9:00~22:00
16:30~22:00 ライトアップ

【会場】
北海道千歳市支笏湖温泉

【入場料】
協力金としてお一人様300円

【協力金について】
氷濤まつりは来場者の協力金と地元企業や自治体からの協賛金で運営されております。会場入口にて協力金を支払うとポストカードがもらえます。

氷濤まつりの花火や各種イベント

支笏湖氷濤まつりは昼は氷のすべり台や洞くつ、かまくらなどを楽しむことができ子どもたちが楽しそうに遊んでいます。

氷割りゲーム大会や引き馬乗馬体験もできるなどイベント盛りだくさんでお子さま連れにうれしいまつりとなっていますよ。

そして夜は幻想的なライトアップで大人も子供も魅了します。

 

色とりどりの光でライトアップされた氷のオブジェは幻想的な雰囲気を創り出します。また、毎週末に行なわれる花火も一層会場を盛り上げます。

それでは支笏湖氷濤まつりで行なわれるイベントや遊べるアトラクションを紹介します。

イベント

氷濤まつり 花火

■冬の支笏湖花火の世界
 開催期間の週末と祝日は18:30から打ち上げ花火が上がります。幻想的な氷濤のライトアップと共に会場を彩ります。

■氷濤ダイナミックナイト
 和太鼓のダイナミックな演奏が行われます。

■氷濤アイスカット大会
 氷切りのゲーム大会。景品が当たります。

その他にもイベントはたくさん開催されます。
 

遊べるアトラクション

氷濤まつり すべり台
■アイススライダー

氷で作ったすべり台。ソリがなくても防寒着だけで滑ることができます。

■チャイルドリンク
子供用のスケートリンク。スケート靴は必要なりません。靴のまますべります。ヘルメットを貸出しているので必ず着用しましょう。

イベント詳細は公式サイトで確認ください。
>>支笏湖氷濤まつり2019

 

駐車場やバス時間を確認

■駐車場

会場までは車がおすすめです。

駐車場は支笏湖温泉駐車場を利用しましょう。会場は支笏湖と千歳川の合流地点で支笏湖温泉の辺りです。丸駒温泉旅館側ではないので注意してください。

駐車台数も十分確保されていますが、週末は混雑が予想されますのでなるべく余裕をもって会場入りしましょう。

駐車場は普通車無料です。

■バス

観光の場合はバスを利用しましょう。

新千歳空港から支笏湖までのバスが氷濤まつり期間は臨時便が運行します。

バスルート(新千歳空港→支笏湖)
■主な停留所
新千歳空港
南千歳駅
千歳駅前
本町2丁目

※往復運行します。
※運行時間はこちらをご確認ください。→2019バス運行時間

札幌方面から向かう場合はJRで千歳まで行き、そこからバスに乗り継ぐと良いですね。

また、札幌駅北口から片道500円で乗れる名湯ライナー(送迎バス)が運行しています。ただしこちらは指定の宿への宿泊が条件になっています。

名湯ライナーが使える宿
・丸駒温泉旅館
・しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の謌
・レイクサイドヴィラ翠明閣
・休暇村支笏湖
・支笏湖第一寶亭留 翠山亭
・オーベルジュ支笏湖翠山亭倶楽部

北海道への旅行なら楽天トラベル

 

駐車場混雑状況

2019年の支笏湖氷濤まつりがはじまってすぐの日曜日に訪問してきました。

現地に16:15位だったと思いますが到着しました。

地図

札幌から向かったので地図の青いルートを通っていきました。会場の駐車場へは右折で入りますが、前に7~8台の車が並んでいました。でも、千歳方面からの車列は10台どころではなかったです。結構な車列に、、、先が見えないくらいでした。支笏湖に向かう主要な道路ですからしかたないですね。

駐車場への誘導は係員がします。札幌方面からきた車と千歳方面からきた車を交互に入れているので札幌方面から行った方が車列のストレスはすくなそうです。ただ、道幅が狭かったり急カーブがあったりと支笏湖までの雪道運転にはかなり気を使います。念頭に入れておきましょう。

花火を見るのが目的でその前に子どもが遊べるようにと16:00頃を目指したのですがそれが正解でしたね。約10分位ならんで駐車できました。(千歳方面からだともう少し長い時間並んだと思います。)

少し遅れると花火が始まる前に駐車できないケースもあると思うので早めに行くことを心掛けましょう。

花火が終わって19:00前に現地を離れましたが、その時間でも入場待ちの車が車列を作っていました。花火打上ギリギリに会場入りした場合、車の中で花火の音を聞くことになりそうです。

幻想的な氷濤まつりの様子

それでは幻想的な氷濤まつりの様子をお伝えしていきます。


駐車場から会場へ向かうと広場があってイルミネーショントンネルなどがあります。

そこから下って行くと会場です。


山線鉄橋の脇が会場です。


入り口は氷のトンネルとなっております。


トンネル内を進むと受付があります。

料金はおとな1名300円です。協力金という形です。

協力金を支払うとこちらのポストカードがもらえます。大人2名分です。小学生の息子は無料でした。ポストカードにはドリンク100円引き券がついているので、コーヒー・甘酒・ホットミルクが割引となります。

会場で再入場する際はこのポストカードを提示することになるので、一度会場から離れる場合はポストカードを持って出るようにしましょう。再入場はトンネル横の出口からとなります。

 


トンネルをぬけるとそこは幻想的な氷濤の世界!これはブルータワーです。

氷のオブジェは昼は支笏湖ブルーできれいです。

氷濤まつり 昼

2016年に遊びに行った際に撮った写真です。ナチュラルな水色の氷が本当にきれいですね。

会場内には大きな氷のオブジェが処狭しと並んでいます。


ビッグマウンテンとブルーシャトーをつなぐ天空回廊の先にある展望台。


展望台からの眺めです。


展望台から先に進むとブルーシャトーを螺旋状にくだります。


ブルーシャトーを降りたところです。


氷濤神社


シャンデリアドーム


氷族館

 


氷のすべり台は全部で3つのコースがあってすごく楽しそうに遊んでいます。


チャイルドリンクは靴のままあそべるスケート場です。ヘルメットは貸出していますよ。


会場脇には休憩所や軽食販売がされています。寒くなったら暖かい室内で休憩できます。

あれやこれやと見て遊んで楽しんでいると時間です。花火です!

氷濤まつり 花火
カウントダウンのアナウンスがあって始まります。

山の上から花火はあがります。会場内ではどの場所からでも見上げることができ、約10分間の花火大会です。

駆け足で紹介してきましたが他にもたくさんの見ごたえのあるオブジェがあります。是非会場でその幻想的な雰囲気を味わってください!

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたか、支笏湖氷濤まつり楽しいですよ!

お子さま連れはお昼。
カップルや大人は夜。

いずれも楽しめるまつりです。

でも、どっちも楽しみたい!子供にもライトアップされたオブジェや花火も見せたい!という方がほとんどでしょう。

その場合は昼過ぎに来場してすべり台などの遊びを満喫し、一度休憩してから18:30の花火を見て、幻想的な夜の氷濤まつりを堪能しましょう。

花火が始まる時間が遅くないので子供でも無理なく楽しめますよ!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。