はこだてみらい館のデジタルコンテンツがすごい!子供も大人も楽しい広々スペース

おでかけ

キラリス函館3階の「はこだてみらい館」であそんで来ました!

最先端科学技術でたくさんの不思議体験ができる空間は想像以上に広く、多彩なコンテンツで充実していました。

子供だけでは無く、大人も楽しめる数々のアトラクションを紹介します!

 

スポンサーリンク

 

はこだてみらい館とは

JR函館駅目の前に2016年にオープンしたキラリス函館。その3階と4階に2つの体験型施設が誕生しました。

3階 はこだてみらい館
4階 はこだてキッズプラザ

子供も大人も楽しめる空間ができたと話題で、我が家も函館観光の際、念願の遊び場におじゃますることができました。

はこだてみらい館は科学をベースにしたデジタルコンテンツが多彩で、映像に併せて体を動かす遊びが中心となっています。

また、体を動かすだけではなく、自ら考えて映像を動かす楽しみやワークショップなどもあり、幅広い年齢層が楽しめるコンテンツとなっています。

デジタルコンテンツがすごい

まずは、受付です。

3階のエレベーターを降りるとすぐに受けつけです。

まずは券売機で利用券を購入し、受付します。

館内には靴を脱いで入館します。

下足棚とコートなどを掛けるハンガーラックがあるので利用しましょう。

受付から一歩中に入ると広々とした空間と大きなモニターが目に飛び込んできます。

メディアウォール

この大きなモニターに様々なプログラムが映し出され遊びます。

まずはじめに出てきたのが函館らしいイカでした。

 

そして、持ち手がついたこの青と赤のをかざすと…

 

 まるい光が現れ、赤にはイカが集まり、青からは逃げるというアクションが繰り広げられます。

 

そして、、、、登場!

ダイオウイカです。原寸大らしいです。でかいよね!子供達も歓声を上げてます。

 

息子が特に楽しんでいたのはこちらの映像!

ボールをスタートからゴールまで運ぶゲーム。途中のバーや歯車を体を使って動かします。

 

2人一組で腕を回したり、開いたりしてボールを運びます。全部で4組がポイントを競い合います。

 

特にゲーム感覚の映像は人気ですね。みんな順番に交代しながら楽しんでいました。

360スタジオ


360度映像とサウンドでバーチャル体験ができます。

今回はハリストス正教会の鐘がなりひびき、函館の街のパノラマ映像が流されました。

昼から夜に変化し函館の夜景が拡がります。

中央にあるボタンを押すと映像とサウンドがスタート。景色が変わっていきますよ。

イマジネーションウォーク

これも楽しそうでしたね。

光の軌跡が走りだし、踏みつけると光は方向を変えます。

光の軌跡だけではなく、五稜郭の映像やお菓子の映像も映し出されます。

ラボラトリー

こちらでは工作をすることができます。

道具やパーツ、作り方の説明書もあるので、小学生にはおすすめ!

家庭にあるものでつくる工作なので、ここで覚えた工作を自宅でもチャレンジできそう。

Sora

なんだこれ、、、

って思いますよね。天井を見るとまるい画面が。

なんだこれ、、、

この疑問はココでは解決しませんでした。

実は4階のキッズパークとつながっている画面なのです。4階に行ってはじめて気づきました。

3階と4階でモニター越しにコミュニケーションをとることができるんです。

友だち同士で行ったらおもしろそう。

シアター

シアターの中にはテーブルと風船のプールが設置されていました。

ボールプールと違って風船がフワフワ浮かびあがるので楽しかったですね。

インタラクティブ・ミラー

これも楽しかったですよ。カメラに移った体が宇宙飛行士になったり、水中に潜ったりするんです。

こちらの横型のインタラクティブミラーでは以下のプログラムが

・ペイントプレイ
・アニマルフェイス
・液体金属
・雪の世界
・水族館
・宇宙服
・アートフェイス

そして、このインタラクティブミラーは入口付近に縦型のもあります。

こちらのプロブラムは

・ハコダテファッション
・早送り巻き戻し
・スマイルプレイ

この三種類はおもしろかったですね。特にスマイルプレイ!

画面に写った人の笑顔を数値化して一番のスマイルが選ばれます。

基本ママ達が一番でした(笑)

すくすくスケール

これはモニターの前に立つと身長が測れます。

大人ももちろんOK!

少し高めに計測してくれるところもOK!

ギャラリー

施設中央にはギャラリーが広がっており、絵本などが置かれています。

遊び疲れたら図鑑なんかを読んでもいいですね。

 

スポンサーリンク

 

飲食は持ち込みで!

飲食はこちらのテラスでできます。

館内での飲食物の販売はありませんが、持ち込みは自由です。

飲食はこのテラスでしかできませんので、注意してくださいね。

そして、このテラスのデスクの上にはテーブルゲームがあるので、落ち着いて遊ぶのにもいいですよ。

プログラミングを学べるPC

 

3Dプリンターでオリジナルモンスターをつくるイベントも開催されていました。

 

暇なお父さんにも嬉しい、手塚治虫のまんがコーナーもあり。

 

この様にテラスは飲食意外にも落ち着いて学んで遊べるコーナーとなっております。

ざっと、館内のコンテンツを紹介してきましたが、楽しいプログラムは紹介しきれないくらいたくさんです。

是非、足を運んで体験して欲しい施設です。函館に子連れで行く場合は見逃してはいけないスポットですね!おすすめです!

駐車場は裏路地のタイムズ函館駅前

キラリス函館自体には駐車場が無いので、提携駐車場を利用しましょう。

場所は建物裏手のタイムズ函館駅前です。

施設利用で2時間まで無料です。2時間を超えたら30分ごとに100円、最大料金は700円になります。

 

はこだてみらい館 概要

■所在
北海道函館市若松町20番1号 キラリス函館 3階

■開館時間
10:00~20:00(入館は19:30まで)

■休館日
毎月第2水曜日
年末年始(12/31~1/1)

■連絡先
0138-26-6000

■利用料金

  1回券 団体券 3ヶ月パス 6ヶ月パス
大人・中高生・小学生  300円  240円  900円  1500円
未就学児(6ヶ月以上)  無料  無料  -  -
未就学児(6ヶ月未満)  無料  無料  -  -

 

■2館共通券

   当日券  3ヶ月パス  6ヶ月パス
大人・中高生  300円  1,000円  1,800円
小学生  500円  1,600円  2,800円
未就学児(6ヶ月以上)  300円  900円  1,500円
未就学児(6ヶ月未満)  無料  無料  無料

まとめ

キラリス函館3階の「はこだてみらい館」を紹介させていただきました。

最先端のテクノロジーを取り入れたコンテンツは必見です。

子供ももちろん大人も楽しめること間違いなしです。

実は今回、息子より僕の方がテンションあがってたかもしれません。見たことの無い、コンテンツは大人でもわくわくしますし、楽しいです。

これからこのような遊び場がどんどん増えてくるのでしょうね。札幌にもこんな遊び場が欲しいなと思った、函館旅行の一コマでした。

▲4階はこだてキッズプラザの詳細はこちら

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。