秋田「鳥海山 木のおもちゃ美術館」割引方法や上履きなど施設情報を詳しくお伝え!

おでかけ
スポンサーリンク

秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」へ行ってきました。

お盆休みに帰省した際、友人におすすめされたので迷わず足を運んだのですが、これがすごく楽しかった!!

こちらの記事では木のおもちゃ美術館の様子はもちろん、行く前に知っておきたい割引についてや上履きは必要かなどについてお伝えしていきます。

これから初めて行く方の参考になれば幸いです。

鳥海山 木のおもちゃ美術館 概要

どんな施設なの?

簡単に言うと木のおもちゃで遊べる施設です。

国登録有形文化財である「旧鮎川小学校」という歴史ある美しい廃校を利用しているのが特徴で、体育館には滑り台のついた「ちょうかいタワー」や「かまくらツリーハウス」などが設置されのびのびと遊ぶことができます。

基本情報

■開館時間
9:00~16:00(最終入館は15:30)

■休館日
毎週木曜日・年末年始
※木曜日が休日の場合は翌日

■入館料
【一般の方】
 大人 800円
 子供 600円(小学生以下)
【由利本荘市在住の方】
 大人 500円
 子供 300円(小学生以下)
 子供 100円(未就学児)

■公式サイト
>>鳥海山木のおもちゃ美術館

■問い合わせ
TEL0184-74-9070

■所在
秋田県由利本荘市町村字鳴瀬台65-1 旧鮎川小学校

行く前に知っておきたいこと

割引はあるの?

入館料にて記載していますが、由利本荘市の市民の方は割引料金になります。

それ以外で割引は以下。

■団体割引
15名以上で一人につき100円引き。

■障害者手帳をお持ちの方
入館料から半額。(本人と介助者1名)

■年間パスポート
【一般の方】
 大人 2,400円
 子供 1,800円(小学生以下)
【由利本荘市在住の方】
 大人 1,500円
 子供 1,000円(小学生以下)
 子供 300円(未就学児)

年パスは基本3回分ですね。4回以上行く方は年パスがお得になります。

すこし年パスのハードルが高い気がしますが、、、近隣在住の子育て世代の方にはおすすめできますね。

それ以外の入館料割引サービスは探しましたがありませんでした。残念。

ですが、一つだけ割引を見つけました。

JAF会員の優待施設になっていました。

割引はキッチンカフェKinoでの飲食代10%OFFです。

>>JAFの割引情報

会計時にJAF会員証を提示したらいいみたいです。

入館料の割引は今後に期待ですね。

上履きは必要?

廃校を利用しているという点で、上履きが必要か気になるところです。

大人は必要ないでしょう。スリッパが用意されています。それでも、子供とアクティブに動くという方は一応もっていくと良いかもしれません。

子供の上履きは無くても問題ありませんが、あった方が安心です。

築60年以上の木造校舎をそのまま利用しており、床材も秋田杉が利用されています。ささくれや継ぎ目、節もあるので怪我に注意が必要とのことです。

とは言え、すごくきれいに管理されているので、我が家は上靴なしで遊んできました。

上履きの用意が無く、心配な方は購入しましょう。

14cm~20cmまで用意されており500円です。

冷暖房はどうなの?

僕らはお盆期間にいったので、心配事の一つでした。

廃校の小学校ですから冷房なんて特に無いのでは?って思っていたのですけどね。

さすがに完備されています。最新のきれいな冷暖房機がありました。

快適温度です。

動き回って汗を書いた場合は冷房の近くに行くとかなり涼しいですよ。

冬も暖房が効いているでしょうね。

鳥海山 木のおもちゃ美術館で遊んで来たよ!


まあ、なんとも雰囲気のある校舎ですよ。

これが廃校なんて本当にもったいない。

駐車場もきれいに整備されています。

建物は平行に並ぶように建っており、入口はちょうど真ん中のあたりです。


こちらが入口。


館内マップ

入って右手A棟とD棟が有料ゾーン。左手が無料ゾーンです。

美術館ゾーン(有料)

受付にて料金の支払いをします。

受付がある部屋はトイショップにもなっており、様々な木のおもちゃが販売されています。


もうこの段階から楽しくてたまらない様子。

受付からでるとまずはA棟。

各教室に様座な展示や遊べるおもちゃが広がります。


グッド・トイサロンで真剣に遊ぶ。


教室の黒板もそのままなので雰囲気ありますね。


ハイハイひろば。2歳以下の赤ちゃん専用の部屋。

おもちゃファクトリーではてづくりおもちゃを作れます。(一部参加費あり)

そして一番のメインはD棟「もりのあそびば」です。

もともと体育館だった場所ですね。


入口には手荷物を置いておくことができるロッカーがあります。


入った瞬間にワクワクですよ。


左がかまくらツリーハウス。中央に見えるのはちょうかいタワー。

かまくらツリーハウス内には秋田犬のストーブ。


芸術的。

ちょうかいタワーは周囲を階段で登ることができ、途中から螺旋の滑り台が設置されています。

滑り台を降りると木のプール。どんぐりの形をしています。

体育館の周囲には小部屋が複数設置され様々な遊びができます。

ステージの上ではカプラで遊ぶことができます。

たくさん積み上げたり、ドミノをしたり楽しそうです。

また、たくさんの木立のなかに「ひっつきむし」が隠れており、専用の道具で捕ることができます。虫捕りの疑似体験ができるのも面白いなぁと感じました。

しばらく遊んで無料ゾーンへ行ってみます。

市民ゾーン(無料)

無料ゾーンはB棟とC棟です。

B棟にはキッチンカフェkinoがあり、食事ができます。


給食室の表示があります。

おにぎりやうどん、アップルパイなどのスイーツや珈琲も楽しめます。

営業時間は10:00~16:00まで。ランチタイムは11:00~14:00です。

詳細はキチンカフェkinoのFacebookページをご確認ください。

B棟には他に授乳室や木工室などがありました。

C棟へ移動します。


中庭も雰囲気あります。

C棟には民具の展示や休憩場所がありました。


民具の展示


教室がそのまま休憩室に


礼法室

礼儀作法を学ぶ部屋だったそうです。

24帖の和室の休憩室になっています。


自販機も2基設置されていました。

スポンサーリンク

さいごに

秋田県由利本荘市の「鳥海山 木のおもちゃ美術館」を紹介させていただきました。

2018年に完成しオープン1年ほどで来館者が10万人を突破したとのことです。

夏でも冬でも楽しむことができる施設で、木のぬくもりを感じながら遊べるのが魅力的ですね。

国の有形文化財「旧鮎川小学校」を見るだけでも価値があるのではないでしょうか。大人も子供も楽しめる「木のおもちゃ美術館」是非楽しんでみてください。

おすすめです!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。