子供の自転車適正サイズと選び方を学ぼう!試乗の際のチェック項目は?

生活

「子供の自転車はつま先が付く程度でいいの?」
「はじめての自転車は何歳位までつかえるの?」

子供は成長するので、自転車選びは迷ってしまうことが多いですよね。こちらは自転車選びで迷ったあなたの為の記事です。

メーカーによって多少の違いがある適応サイズや選ぶ際にチェックしておきたい重要項目など、経験を元に紹介します。

最近ではネット通販を利用するケースも増えていますが、購入前の試乗は重要ですよ!

 

【スポンサーリンク】

 

子供用自転車のサイズと身長・年齢目安

もっとも気になるサイズについてですが、各メーカーや問屋で様々なので比較してみますね。

【ブリジストン】
12インチ 83~98cm 2~3才
14インチ 92~107cm 3~5才
16インチ 98~119cm 3~6才
18インチ 103~125cm 4~8才
20インチ 111~140cm 5~9才
22インチ 116~145cm 6~11才
24インチ 122~151cm 7才以上

【サイクルベースあさひ】
12インチ 80~105cm 2~4才
14インチ 80~105cm 2~4才
16インチ 90~110cm 3~5才
18インチ 100~120cm 4~8才
20インチ 120~135cm 5~9才
22インチ 125~140cm 6~10才
24インチ 130~145cm 7~11才
26インチ 135~160cm 8才以上

※両方とも、あくまで目安。

サイクルベースあさひの公式サイトでは、自転車の適応サイズの他に買い替えのタイミングや補助輪をとる為の練習方法なども紹介されてるので参考になります。
↓ ↓ ↓
サイクルベースあさひ公式

 

ブリジストンとサイクルベースあさひのウェブサイトでの掲載情報です。両者とも大きな差は無いですが、特に小さな子供用の自転車を探している場合、この比較を見ると迷ってしまうかもしれませんね。

我が家の場合は購入時4才・106cmでしたので、ブリジストン表でいけば14インチから18インチ。あさひ表では16インチか18インチということになります。

かなり幅を持たせているようなのでどれにしようか迷ってしまいます。あくまでも表は目安となっているので、やはりお店に行って、実際に自転車にまたがって試乗する必要性を感じます。

多くの情報サイトで子供の身体にあった適正サイズはサドルにまたがってつま先がつく位がいいとされています。子供は身長が伸びるので現段階でジャストサイズを買うとすぐにサイズアウトしてしまい、買い直しが必要となります。費用面からもそれが最善との考え方が一般的となっています。

しかし、中には初めての自転車は補助輪が外れたときにバランスが取りやすいようにしっかりと足の裏がつくものがいいとの意見もありました。

これについては実際に試乗して確かめてみるといいでしょう。

 

自転車選定のチェック項目

子供用の自転車を選ぶ際に注意しなければならないのは、どういった所なのでしょうか。3つの項目を挙げてみたのでチェックしてくださいね。

1.つま先付く位がいい?サイズが最重要
2.ブレーキの握りやすさ
3.乗降のしやすさ

子供用といっても大人の自転車と同じで様々なタイプが用意されています。迷ってしまいますが、これら3項目をチェックすればおのずと選ぶ自転車は絞れてきますよ。

チェックするにはやはりお店で試乗することが必要となります。車種によってはブレーキ幅を握りやすいように調整できるものもあります。

「百聞は一見にしかず」実際にためしてみないと判断はできないですね。

 

お店に行って試してみた

さて、これらの情報を元にお店へ行って検証してみました。春は自転車屋さんが繁盛していて、店員さんに話しを聞こうにも順番待ちの状態。

とりあえず、自転車にまたがって試してみました。

1.つま先付く位がいい?サイズが最重要

実際に乗ってみると、足がべったり付くのは16インチです。でもこれでは少し小さい感じを受けました。やはりすぐにサイズアウトしてしまうでしょうね。

106cmの息子には18インチの方がしっくりときます。サドルを一番下にしてつま先がつくくらいです。止まったときのバランスに不安を感じますが、補助輪がすぐにとれるとも限らないので18インチにすることに決定。

2.ブレーキの握りやすさ

子供用の自転車はブレーキの握り幅を調整できるものがほとんどです。

お伺いしたお店に置いてある自転車はどれもブレーキの握りやすさは子供用に最適化されていました。息子も難なく握っていましたよ。

3.乗降のしやすさ

乗降のしやすさについては、息子は初めて自転車にのるのでどんな自転車も手こずっていました。とくにフレームのトップチューブが上の方に位置しているマウンテンバイクタイプは乗りづらそうです。足がぶつかります。慣れたら簡単にまたぐのでしょうが、初めての自転車にこの手のタイプは避けたいですね。


▲乗りづらそう。

▼でもこれなら大丈夫。

実際に何点かお店でまたがってみましたが、やはり百聞は一見にしかずです。特にサイズについては同じインチでもメーカーや車種によってサドルの位置・形状のせいか座ったときの高さに若干の違いを確認できました。

やはり、”あくまで目安”なのであって、試乗して自分の子供にあった自転車を選ぶ必要性を強く感じた部分ですね。

参考になりましたでしょうか。

 

まとめ

特に初めての自転車選びは悩みます。僕も相当悩みました。

サイズは各メーカーで年齢や身長にあった適応表があるので参考にしましょう。

それでも、あくまで参考なので、お店で実際に自転車にまたがって確かめることをおすすめします。同じインチサイズでも感じ方が違いますから。

ネット通販での購入を考えている方も、まずはお店でどんな感じかを確認しましょうね。

▼息子に買った自転車はこちら▼

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。