アカプラに青の洞窟SAPPOROを見に行ったよ!幻想的な青の世界を見逃すな!

イベント

アカプラで青の洞窟というイルミネーションイベントが開催されています。

札幌市北3条広場「アカプラ」の木立はいつも青いイルミネーションで彩られていますが、この青の洞窟の「青」はひと味違います。

2月25日までと開催期間は短いですが、お隣の赤れんが庁舎プロジェクションマッピングも2月25日までとなっているので、まだ観覧していないとい方は、今がチャンスです。

ダブルで札幌の冬のイルミネーションイベントを楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

 

青の洞窟とは

2014年から東京で開催されているイルミネーションイベントです。2017年に渋谷で開催された「青の洞窟SHIBUYA2017」では約270万人の来場者を記録しました。

SNSでも話題となり、今回は初の試みとして「青の洞窟 特別開催地決定PROJECT」が催されました。

札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡の候補地の中から地方誘致キャンペーン投票が行われ、2018年は札幌が選ばれました。

会場は様々なイベントでお馴染みのアカプラに決定。期間中は幻想的な青の世界に包まれます。

開催期間は2月17日~2月25日まで。開催期間の土日には3月1日から発売される冷凍パスタ「青の洞窟」の試食イベントが開催されます。

幻想的な青の世界を楽しめ!

早速、イベントを訪れてみたのでレポートします。

アカプラに全長100mに渡ってイルミネーションが点灯しています。

広場脇の木立の他、通路部分にも光の川の様にLEDが配置され、真っ白な雪が青く照らされています。

iPhone6できれいに撮影しようとすると難しいですね。これ位が限界かも。

実際に現地で見るとイルミネーションはもっともっと幻想的です。

是非、直に青の世界を体験してみてください。

 

【スポンサーリンク】

 

青の洞窟SAPPORO 概要

【開催期間】
2018年2月17日(土)~2月25日(日)

【点灯時間】
16:30~22:00

【会場】
札幌市北3条広場「アカプラ」
札幌市中央区北2条西4丁目

 

まとめ

アカプラで開催されている「青の洞窟SAPPORO」を楽しんできました。

東京で開催さているイベントの地方誘致キャンペーンとなりますので、見られるのは今年だけかもしれません。

お隣の赤れんが庁舎では北海道150年を記念したイベント「赤れんが庁舎プロジェクションマッピング」が開催されています。

この機会に今年しか楽しめないイルミネーションイベントをハシゴしましょう!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。