menu

2017札幌雪まつりを満喫!おすすめ観光ルートは日本新三大夜景も楽しめる!

日本の冬を代表するイベントといえばやっぱり「さっぽろ雪まつり」ですね!

2017年は「大通」「すすきの」「つどーむ」の3会場で開催されます。
全部の会場を楽しみたいですが、特に観光で訪れる方にとっては土地勘がないのでどうやって回ればいいか不安になりますよね。そこでこちらでは土日等を利用した観光で札幌雪まつりを堪能するルートを紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

札幌雪まつりを2日間で満喫するルートとは!

■日程を確認

2017年のさっぽろ雪まつりの日程を確認しておきましょう。

<大通会場>
2017年2月6日(月)~2月12日(日)

<すすきの会場>
2017年2月6日(月)

<つどーむ会場>
2017年2月1日(水)~2月12日(日)
9:00~17:00

 

■2日間で満喫するルートは!

雪まつりの期間はつどーむ会場だけ2月1日からです。大通会場とすすきの会場は一週間のみの開催となりますので土日の観光で訪れるとしたら11日と12日のみになりますね。

それでは2日間で札幌雪まつりを満喫するルートを紹介します。

<1日目>
①大通会場で雪像を見学
②藻岩山にて日本新三大夜景を楽しむ
③大通会場に戻りライトアップされた雪像を楽しむ
④すすきの会場で氷像を楽しむ

<2日目>
⑤つどーむ会場で雪遊びを楽しむ

 

お昼くらいに札幌に到着、翌日夕方までの時間を想定しています。それでは詳細を見ていきましょう!

※朝一番で札幌に到着するケースについても最後に触れておきますので参考にしてみて下さい。

1日目

■大通会場で雪像を楽しむ

お昼くらいに札幌に着いたらまずは大通会場へ。
日中の雪像を楽しみましょう。圧倒的な大雪像や各種イベントも開催されています。

テレビ塔側の西1丁目からスタートして西12丁目まで見学します。時間は夕方16:30くらいに見終わっていると良いでしょう。

■市電を使って藻岩山ロープウェイへ!

西12丁目まで見終わったら札幌市電に乗って藻岩山ロープウェイに行きます。

目的は日本新三大夜景を見るためです!

西11丁目と西12丁目の間の道路を南に進むと市電の線路が見えてきます。11丁目側に市電の中央区役所前駅がありますので、西に向かう電車に乗り、ロープウェイ入り口で下車します。

中央区役所前駅から7駅目です。料金は全区間170円。

市電を下車したらさらに西に向かいましょう。(山がある方です。)程なく、無料シャトルバスの停留所が見えてきます。15分間隔で運行しておりますので安心です。

2月の札幌は日の入りが17:00位なので、17:30ころからきれいな夜景を見ることができます。藻岩山は観光名所になっておりますので混雑が予想されます。30~40分の待ち時間は覚悟しましょう。平日はそうでも無いとおもいますが。

また、天候が悪い場合は夜景がキレイに見れないこともあります。諦めも肝心です。その場合は札幌市時計台に足を運んだり、テレビ塔で上からの眺めを楽しむのも良いですよ。いずれも徒歩圏です。

ロープウェイの運行やシャトルバスの運行について
詳細は藻岩山ロープウェイHPをご確認下さい。

 

■ライトアップされた雪像を楽しむ

夜景を楽しんだら同じ順路で大通会場に戻りましょう。順調なら19:00~20:00位でしょうか?

時間的にこの辺で食事でも良いですし、先に夜の大通会場を楽しむでもいいでしょう。

夜の大通会場はライトアップやプロジェクションマッピングなどで見応えがありますのでおすすめです。

 

 

■すすきの会場をチェックし食事

大通会場のプロジェクションマッピングを見たらすすきの会場へ徒歩で移動しましょう。

ライトアップされた幻想的な氷像が展示されています。イルミネーションストリートは撮影スポットになっていますよ。

すすきのですから、最後にお酒でも飲んで帰るのがいいですが….

子供と一緒の場合はなるべく早く帰りましょう。

次の日のつどーむ会場は体力つかいます。

 

2日目

■つどーむ会場で雪遊びを楽しむ

つどーむ会場は朝9:00から開場しています。

子供から大人まで楽しめるアトラクションが満載です。すべり台とか聞くと子供が遊ぶ場所と感じてしまいますが、チューブスライダーなんかは完全に大人がハマります。

<体験できるアトラクション>
◆チューブスライダー
全長100mのすべり台をチューブに乗って滑ります。

◆氷のすべり台
幼児向けの12mすべり台。

◆スノーラフト
スノーモービルに引っ張られるラフティングボードで滑走します。

◆スノーストライダー
ストライダーのタイヤにスキーを付けて滑る。

◆わくわくタッピーランド
子供の雪遊び場。

◆わくわくスライダー
ジップフィーで滑ります。

◆ファミリーチューブスライダー
親子二人乗りのチューブスライダー。

◆そりゲレンデ
ソリ専用コース(持ち込み可)。

◆ミニ・スノーフットゴルフ
サッカーとゴルフが融合したアトラクション。

◆バンパーボール体験
◆雪だるま迷宮ワンダーランド
◆雪上パークゴルフ

盛りだくさんです。かなり遊べる会場ですから、朝早く行って目一杯楽しみましょう。
お昼過ぎくらいまで楽しんで帰路の準備をするといいでしょう。帰りの時間によって遊べる時間に違いが出ると思うのでなるべく遅めの便がとれると良いですね。

会場は一般車両の駐車ができませんので、公共の交通機関とシャトルバスを利用しましょう。

<アクセス>
地下鉄東豊線「栄町駅」徒歩15分

<シャトルバス>
栄町駅発
大通会場発
JR札幌駅発
麻生駅発

他にも複数運行しています。
詳細は雪まつりHPをご確認下さい。

まとめ

いかがでしょうか。

一泊二日での観光を想定しています。一日目はかなりハードなスケジュールかもしれませんが、藻岩山の夜景はすごくきれいなので是非足を運んでほしいスポットです。

冒頭に触れましたが、朝一番で札幌に到着する場合はこんな観光ルートもおすすめです。

<1日目>
①つどーむ会場で雪遊びを楽しむ。
②夜の大通会場でライトアップされた雪像を楽しむ。
③すすきの会場で氷像を楽しみ、食事。

<2日目>
④昼の大通会場で雪像を楽しむ。

こちらのルートの方が余裕があっていいかもしれません。午前中の早い時間帯に札幌に入れると選択の幅も広がりますね。②夜の大通会場に行く前に藻岩山を入れても良いですしね。あとは時間との相談です。

子供がいる場合は断然こっちの方が安心ですよ。

いずれにせよ、つどーむ会場に行ったら多少なりとも体力的に疲れることは想定しておきましょう。移動の疲れもありますし、遊び疲れももちろんです。

ゆっくりと他のところも観光する予定の場合はつどーむ会場を外すと半日以上は時間ができるでしょう。

一緒に行く人や札幌滞在時間などを考慮して判断してください。

 

札幌中心部の地図がついた観光本があると便利です。

楽しい観光になると良いですね!では楽しんで下さい。

 

【スポンサーリンク】

しぶんぎ座流星群2017出現ピークで的確に観測する方法!ライブ配信をチェックせよ

さっぽろ雪まつり2017年は日程から混雑が集中!?服装や靴のおすすめ!

関連記事

  1. 札幌のイベント情報!子供とお出かけ|2017年4月

    2017年4月に子供とお出かけしたい札幌のイベント情報です。…

  2. 国際花火シンポジウム24日26日の打上会場はどこ?大曲の花火~春…

    2017年4月24日から29日までの日程で第16回国際花火シンポジウムが秋田県大仙市で開催されます。…

  3. サッポロファクトリー 2016年のツリーとイルミネーション!ライ…

    サッポロファクトリーのジャンボクリスマスツリーが 今年も点灯式を迎えました。多くの人で賑わっ…

  4. 支笏湖氷濤まつり2018年の日程!駐車場やバス時間を確認して花火…

    今年も支笏湖ブルーを楽しめる季節がやってきます。 支笏湖の水をスプリンクラーで吹付け凍らせたオブ…

  5. 2017子供向け夏休み映画7選!キッズ向けおすすめアニメを厳選

    夏休みは様々なイベントで大忙し!お外遊びが中心となるでしょうが、涼しい映画館でゆっくり映画観賞もおす…

  6. 会場レポ|トミカ博in札幌2017見どころはビッグダンプスライダ…

    トミカ博inSAPPOROに行ってきました!! 2017年は「はたらくクルマだいしゅうごう!!」…

  7. 大曲の花火 冬の章2017年は混雑する?駐車場や交通規制、アクセ…

    大曲の花火と言えば8月下旬の全国花火競技大会ですよね。でも、大曲は花火の街として年間通して様々な花火…

  8. 札幌のイベント情報!子供とお出かけ|2017年6月

    2017年6月に子供とお出かけしたい札幌のおすすめイベント情報です。&nbs…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

札幌・北海道の情報はこちら!

バナー
PAGE TOP