砂川ハイウェイオアシスがリニューアル!屋内遊び場と北海道子どもの国 無料ゾーンを紹介!

おでかけ

道央自動車道砂川サービスエリア付近を走ると一際目を引く建物が見えてきます。

砂川ハイウェイオアシス館です。

長距離ドライブ時の休憩にオススメのスポットで、食事も買い物もたっぷり楽しめる充実の施設。絶品のソフトクリームも数種類味わえますよ!

オアシス館の後ろには道立都市公園「北海道子どもの国」が広がっており、無料ゾーンでも十分楽しめる遊具が揃っています。

今回はここを目当てに遊んできたので紹介します!

2018年7月に訪問した際、砂川ハイウェイオアシス館は休憩所などをリニューアルし、屋内遊び場もオープンしておりました!記事内容も併せて更新しております。

 

【スポンサーリンク】

 

砂川ハイウェイオアシス館へのアクセス方法

砂川ハイウェイオアシス館は札幌方面行きの車線側に面しています。

高速道路からは砂川サービスエリアを経由して入場することになります。札幌方面行きはもちろん、旭川方面行きのサービスエリアからも入れますのでご安心ください。

砂川ハイウェイオアシスの駐車場からスマートICを使えば、高速道路から一般道へ降りることもできますので便利です。

また、一般道から来館する場合は子どもの国の専用駐車場を利用できます。詳しくは公式サイトをご確認くださいね。

砂川ハイウェイオアシス館アクセスマップ

北海道砂川市北光336番地7

 

砂川ハイウェイオアシス館の休憩所が広くなってリニューアル


リニューアルして広くなった休憩所

印象的な形の建物内は様々な店舗展開で充実しています。そして、休憩時の定番「ソフトクリーム」が多くのお店で販売されており、どれにしようか迷うくらいです。

ソフトクリームがたくさん!充実の館内施設

北菓楼

砂川の名店北菓楼ではハイウェイオアシス館限定のソフトクリームがたくさん!期間限定のソフトもあるので見逃せません。

 

限定のホワイチョコレートソフトクリーム 380円

定番のバニラは売り切れていました。期間限定のマロンソフトクリームも美味しかったですよ!

ファーマーズカフェ空の森

空知のとれたて牛乳をつかったミルクソフトクリームが300円です。他にはピザやタコ焼き、クレープなど軽食がそろいます。

オアシスキッチン

神内和牛をつかった料理やフレッシュジュースなど充実のメニュー。

カフェ&レストラン森の食卓ミングル

キッズシートも用意されたきれいなレストランは産地の食材を使ったグルメが楽しめます。

軽食で物足りない場合は迷わずここですね。

オアシスプラザ

建物に入ってすぐ左右に広がるのがお土産屋さんのオアシスプラザ。北海道の定番土産が揃います。

そらいちマーケット

2017年6月にオープンした「そらいちマーケット」では空知の野菜や果物など、特産品が並びます。

生産者の紹介や写真も掲示されているので安心して買い物ができますよ。

砂川サービスエリアでもソフトクリーム

ハイウェイオアシス館に入る時間が無いという場合。砂川サービスエリアでもソフトクリームが販売されています。

「マツコの知らない世界」で紹介された岩瀬牧場のソフトクリーム340円です。これも美味しかったですよ!

屋内遊び場「遊具ひろば」オープン!


砂川ハイウェイオアシス館の二階に「遊具ひろば」がオープンしました。


小さなお子様向けの室内遊び場です。保護者の座れるベンチもあり。

こういった遊び場は嬉しいですよね。まだ幼いお子さんの場合、外遊びに懸念があることが多々あります。特に真夏とか日光が気になります。そんな時にゆっくり遊ばせることができるので重宝しそうです。

■開放時間
10:00~16:00
※イベント・会議等によって休止となる場合あり。

【スポンサーリンク】

 

北海道子どもの国無料ゾーンで大自然を満喫

食事をして時間に余裕があったら北海道子どもの国を散策してみましょう!大自然にきっと疲れも吹っ飛びますよ 。

ただ、1つ注意点が….

子どもと一緒に行った場合、無料ゾーンとは言え遊具や水遊びなどたくさん楽しめるので、「まだ、遊ぶ!」と言って、なかなか離れようとしない可能性が高いです。

我が家はそれで案外苦労したので前もって時間の約束はしておいた方がいいです。

観賞池

鯉や小魚、亀もいる観賞池です。大きな鯉はエサを求めて近くに寄ってきます。エサはレストハウスに自販機があるので購入できます。

夏場には網を持ってエビや小魚をとっている家族も多いですよ。

これを見てるだけで癒やされます。意外と長い時間見入ってしまいます。

ヤッホーの森

子どもの国の無料ゾーンのメインは遊具や滑り台です。

ジャンボ滑り台

結構急な滑り台です。スピードもつくので小さなお子さんは大人が一緒に滑った方がいいですね。勢い余って下で転がったり、尻もちついたりしちゃいます。

因みに息子は3歳くらいの時にすべって頭打って泣きました。コンクリートのように硬いのでその辺も注意してください。

各種遊具

他にもジャングルジムやターザンロープ、ブランコなどアスレチック要素のある遊具もたくさんあるので退屈しません。

2017年9月に行った際にはコンビネーション遊具が老朽化で使用できない状態でした。

他にも老朽化で使えない遊具があったので残念でしたが、今後の改善に期待しましょう。

 

 

遊水路


夏場には遊水路で水遊びができます。

隣の芝生広場でのんびり過ごすのもいいかもしれませんね。

ホタル


7月から8月にはホタルの飛翔が見られるようです。

鑑賞池から遊水路へ向かうと右手にこの看板が見えていきます。息子がもう少し大きくなったら来てみたいな~

まとめ

砂川ハイウェイオアシス館がリニューアルして室内の遊び場もオープンしました。これまで以上に楽しめるスポットとなりましたね。

北海道子どもの国の無料エリアでは使用禁止の遊具もありますが、十分に楽しむことができるでしょう。

ちなみに遊水路の利用期間は6月上旬から9月上旬迄です。

また、子どもの国には有料ゾーンの「ふしぎの森」があります。ピラミッドの形をした屋内遊び場やアスレチック遊具、トランポリンの様なふわふわドームなど盛りだくさんの内容です。

それこそ、ドライブついででは遊び足りない位の施設なのでふしぎの森に関してはここを目的に足を運ぶのが正解だと思います。

詳細は実際に遊んできたので別記事で紹介しています。下のリンクから確認してくださいね!

砂川ハイウェイオアシス館はドライブの休憩はもちろん、本格的に食事するにも適した、まさに「オアシス」です。おみやげも揃っているので、旅の予定に組み込んでゆっくり楽しんでください。

オススメです!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。