札幌競馬場 雪フェスタに行って来た!楽しいイベントが盛りだくさん

おでかけ

札幌競馬場雪フェスタに初めて行ってきたので紹介させて頂きます。

2017年は2月11日(土)12(日)18(土)19(日)の4日間開催です。さっぽろ雪まつりの協賛行事。雪まつりが終わってもまだまだ雪遊びを満喫したい方は必見です。

入場料や駐車場、遊べるイベント情報をお届けします。

2018年の開催日程は5日間です。
2月10日(土)
2月11日(日)
2月12日(月振)
2月17日(土)
2月18日(日)

 

 

【スポンサーリンク】

 

入場料や駐車料は?

12日(土)に会場へ行くことになりました。札幌競馬場は2年位前の夏にじゃぶじゃぶ池や遊具で遊んだ以来、2回目です。

駐車場ですこし迷いました。以前は鉄工団地通りを八軒方面から向かい左側に見えてくる西駐車場へ停めたのですが、満車で入れません。

どうするの?

少し進むと右手に南駐車場があったのでそちらへ停めました。料金は500円。普段、駐車場は1,000円なのですが、雪フェスタが開催されている期間は500円となります。

そしていざ会場へ!

競馬開催中は入場料100円ですが、雪フェスタは無料です。

手荷物が多い場合はロッカーもあるので便利ですよ。

馬そりは限定だから早めに並ぼう

今回一番のお目当ては馬そり!


▲馬そり

12日と19日の日曜日だけ体験できる馬そりです。時間は13:30~14:30の1時間。各日ともに60名限定です。

13:30からということでちょうどその時間に会場に着いたのですが、すでに並んでいた方々で定員オーバー。あと少し早ければ…残念。

気を取り直して他のアトラクションで遊びます。

 

遊べるアトラクションは?


▲50mのロングすべり台

チューブを借りて(無料)滑ります!右側が1人用で左側が2人用となっていました。2人用のコースの方が急ですが、チューブの素材の影響でスピード感は1人用の方があります。

1人乗り用はほぼ子供達だけでした。


▲ミニゲレンデ

無料でソリやチューブを貸出しているので手ぶらでも楽しめちゃうミニゲレンデは小さな子供で賑わっていました。

息子も何度も何度も滑っていました。

また、スノーストライダーも無料貸し出ししているので楽しめましたよ!ゲレンデ脇の緩やかな傾斜のところで自由に遊べます。

 



▲会場奥にあるチューブすべり台

こちらはヘルメット装着のうえ滑ることができるすべり台。急な傾斜からスタートしてハーフパイプの様な曲線コースを左右に振られながら滑り降りるのが楽しいです。

息子はこのアトラクションが一番のお気に入りでした。

他にもスノーシュー体験や雪だるま作り、雪中宝探しなど盛りだくさんのアトラクションで時間はあっという間に過ぎてしまいます。

さらに!18日と19日はスノーチュービングが楽しめます!スノーモービルでチューブボートを引っ張る迫力満点のアトラクションです。

こちらのアトラクションは時間が決まっているので間に合うように会場へ行きましょう。馬そりと一緒で混み合うことが予想されるのでなるべく早めに行った方がいいですね。

スノーチュービングの時間
①10:30~11:30
②14:45~15:45

 

【スポンサーリンク】

 

どんなイベントが開催されてるの?

2月11日は観覧無料でアンパンマンショーが開催されました。握手会もあった様ですよ。

また、2月18日と19日はダイナミックダンボールランドが開催されます。

大きなダンボールでできた恐竜が展示されます。ダンボールの巨大迷路も出現するので外で冷えたら屋内で楽しむこともできますよ。


▲エアー遊具

こちらは屋内に設置されたエアー遊具です。もちろん無料で楽しめます。定員5人で数分間(5分~10分位だったと思う)遊べます。

開催されている期間は不明ですが、12日(土)は競馬場が終わる16:00まで営業していました。

最後に時間が余ったら楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

札幌競馬場の雪フェスタは入場無料で幼稚園児から小学生向けの楽しいアトラクションが沢山です。

思った以上に混んでいないのでストレス無く遊ぶ事ができますよ!

特におすすめは一番奥にあるヘルメット装着のすべり台!(大人はヘルメットなしでも大丈夫)

18日と19日に行く方は是非スノーチュービングにも挑戦してみてください。迫力満点の雪遊びが体験できますよ。

 

【札幌競馬場】
札幌市中央区北16条西16-1-1

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。