富良野のラベンダーが見頃!ファーム富田を満喫したよ!週末の駐車場混雑を回避するには

おでかけ

富良野観光の大定番「ファーム富田」でラベンダーやスイーツを楽しんできました。

お伺いしたのが7月21日でまさに見頃のラベンダー畑は彩り豊かできれいでした。ラベンダーソフトクリームも絶品でしたよ。

こちらの記事ではラベンダーシーズンで大盛況の花畑の様子や駐車場の混雑状況をレポートします。

 

スポンサーリンク

 

ファーム富田 ラベンダーの見頃はいつ?

ラベンダーの見頃っていつなの?

6月位になると気になってくるラベンダーの開花ですが、ファーム富田では数種類のラベンダーを栽培しており、それぞれ開花時期が違います。

■開花時期
ラベンダー濃紫早咲   6月下旬~7月中旬
ラベンダーようてい   7月上旬~7月下旬
ラベンダーはなもいわ  7月中旬~7月下旬
ラベンダーおかむらさき 7月中旬~8月上旬

早咲きから遅咲きまで期間として6月下旬~8月上旬にラベンダーが開花することがわかります。

こう見ると一目瞭然ですね。ラベンダーを最も楽しめるのはどの種も開花している時期

7月中旬~7月下旬

これがラベンダーが最も見頃を迎える時期と言えるでしょう。

僕らは7月21日に訪れたのでまさに見頃!

凄まじくきれいでした。

駐車場混雑回避するには

ファーム富田の花畑の紹介をする前に、気になる駐車場の混雑具合をチェックしましょう。

富良野観光でよく聞くのが渋滞。

ラベンダー渋滞なんて言い方もされていますね。僕はラベンダーの時期に富良野へ何度か訪れていますが、どんどんその凄さがましているな~と感じます。

ファーム富田には園内に数箇所の駐車場があり、台数も多く確保されています。それにも関わらず、渋滞を引き起こしているのですから、その人気の高さが伺えます。

これまで、数回の訪問で感じるのは、ラベンダー時期でもその週によって混雑具合は違うということ。特に7月中旬はなかふらのラベンダーまつり&花火大会、7月下旬は北海へそ祭り。

これら祭りが開催される日は渋滞がすごそう。一度、花火大会を見に行ったのですが、渋滞が凄すぎて遠くから見た覚えがあります。

ということで、僕はその2つの祭りの間の週末を選んで訪問したのですが、混雑は否めません。

で、その渋滞を回避するためにとった手段は。簡単。

「早く行く」

これに限りますよ。やっぱり。

9:00到着を予定してましたが、なんだかんだ出発が遅れ、10:00に到着しました。駐車場はほぼほぼ満杯でしたが、数台分の空きがあり正面の駐車場へ。

渋滞も待ち時間も無く駐車することができました。

日によって違ってくるとは思いますが、9:00頃であればストレス無く、駐車できると思いますので参考にしていただければと思います。

僕らがファーム富田を離れた12:00頃にはすでにかなりの車列となっていました。10:00で渋滞無しで入れたのはラッキーだったのかなとも感じました。

やっぱり、心配な方は早め!9:00頃到着を目指して出発しましょう。

 

スポンサーリンク

 

彩り豊かな花畑

それでは、ファーム富田のきれいな花畑を紹介します。

見取り図を見るだけでその広さがわかります。これすべて見るにはかなりの時間を確保しなければなりません。

僕は6歳の息子と行ったので、全部を見ることはできませんでした。小学一年生ですから途中で飽きちゃうんですよね。特段花見ても面白くないしって感じですからね。

なので、メインの彩りの畑を一緒に見て、他は僕が一人でざっと回ってきました。その間、息子と妻にはスイーツでも食べてもらってました。

彩りの畑

ここがファーム富田でも人気の畑ですかね。一番たくさんの人が集まってました。

七色の花たちが傾斜に彩られ、虹のようです。ラベンダー・カスミソウ・ポピー・コマチソウ等が植えられています。

こちらには森の舎があり、屋上が展望デッキになっています。最高の撮影スポットですよ!

森の舎を出て、上に登って行くと、そこは「森の彩り畑」です。

森の彩り畑

森の舎から「森の彩り畑」側を写した一枚です。

周囲が森に囲まれた傾斜がある畑です。ラベンダー・キバナコスモス・ポピー等が植えられています。

坂を登って頂上までいくと、十勝岳連峰を見渡すことができます。

この日は曇で十勝岳連峰を見ることはできませんでしたが、景観は素晴らしかったです。

木立とラベンダーを背景に記念撮影をする方が多かったですね。

この畑を見て、息子と妻とは別行動。

トラディショナルラベンダー畑へ向かいます。

トラディショナルラベンダー畑

ファーム富田の原点となった畑なんだそうです!

一番上からは富良野の田園風景とラベンダーが見事!

ただ、斜面が急な上に土なので、幼いお子さん連れにはすこしきついかもしれません。

倖の畑

ファーム富田で栽培されているラベンダー4種が揃った畑。

看板の前には記念撮影の行列ができる人気スポットです。

花人の畑

春から秋まで、四季折々の花が咲き誇ります。

カーブを描いて植えられているのが印象的ですね。

 

他にもたくさんの畑があり、本当に見どころ満載です。

時間に追われ、僕は全部を見ることはできませんでしたが、きれいな花たちと富良野の景観に癒やされる週末の午前中でした。

完全に仕事のことなんか頭から離れ、ただただ魅入ってしまいましたね~

ストレス解消になりました。

また、今度ゆっくりきたいものです。

美味しいグルメやスイーツ!ラベンダーソフトは是非!

ファーム富田のもう一つの楽しみと言えばグルメ!

ラベンダーソフト(300円/カップは250円)は森の舎でいただきました。ラベンダー風味がきいたさっぱりした味はファーム富田につきものみたいなものです。行列にならんでも食べたい味ですね。


とみたメロンハウス

こちらでは、メロンの直売や地方発送ができるほか、新鮮なメロンを食べることもできます。

メロンソフトも種類豊富にそろっています。

息子はメロンスムージースペシャル(650円)を堪能!

贅沢ですよね。一番お高いの選んだそうです。

とみたメロンハウスと通路を挟んで上にはパンとケーキのお店があります。

なんだか美味しそうなケーキが揃ってますね~。

メロンオムレットとイチゴオムレット(いずれも432円)をいただきましたよ。

今回、食事をする時間はありませんでしたが、ファーム富田には旬の野菜をつかったカレーやコロッケなど、多くのフードメニューを楽しむことができます。

お昼時なら食事を楽しんで行くのもオススメですよ。

>>食事の詳細は公式サイトで 

ファーム富田 概要

■所在
北海道空知郡中富良野町基線北15号

■電話
0167-39-3939

■営業期間
4月下旬~11月上旬
平成30年度は12月~3月の期間WHITE SEASONとして営業予定

■営業時間
・花畑と駐車場は24時間開放。
・売店は各店によって違いあり>>詳細はこちら

■駐車場
乗用車 約500台分
バス 約30台分

■隣接の町営駐車場
乗用車 約100台分
バス 約20台

■入園料
無料

 

まとめ

富良野観光の定番、ファーム富田を楽しんできました。

ラベンダーの見頃、7月下旬に訪れました。10:00に到着して少し遅かったかなと思いましたが、渋滞に合うことなく駐車できましたよ。

日によっては渋滞が早く発生することもあるでしょうから、なるべく早く到着することをオススメします。

園内のラベンダー畑もきれいに咲誇り、見どころ満載!スイーツやお目当てのラベンダーソフトも食べることができ、大満足の訪問となりました。

富良野観光では外すことのできないスポットです。

楽しんでくださいね!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。