札幌ファクトリー ジャンボクリスマスツリー2018年点灯式はLDHがゲスト!無料ライブを楽しもう

イベント・エンタメ

「中央区の札幌ファクトリーでジャンボクリスマスツリーの点灯式が行われました。今年は…」

なんて毎年恒例のニュースを見るのも間もなくです。2018年の点灯式はいつになるのか?どのようなイベントが組まれるのかとても楽しみですよね。

こちらでは札幌ファクトリーのジャンボクリスマスツリーの点灯式の日程やイベントについて紹介します。

2018年はなんと!LDH所属のDOBERMAN INFINITYがゲスト!ミニライブとトークショーを繰り広げます。ファン必見ですね。

 

スポンサーリンク

 

2018年のジャンボクリスマスツリー点灯式はいつ?

毎年恒例の冬の風物詩、札幌ファクトリージャンボクリスマスツリーの点灯式ですが、今年2018年は

11月3日(土・祝)
17:00からです!!

クリスマスツリーは季節に合わせた花壇や植樹が広がる開放的なアトリウム館に登場します。毎年、十勝の広尾町から15メートルにもなるトドマツが運ばれ、豪華オーナメンやイルミネーションで飾られます。

因みに札幌ファクトリーのキッズスペースに木製の小さなお家があるのですが、実際にジャンボクリスマスツリーで使われたトドマツが再利用されているそうです。

12月25日までのイベント期間中は光と音のショーが開催されます。このイルミネーションが見どころとなっており、点灯時間の16:00~22:00までの定刻に1時間おきに約5分間実施されます。

音に合わせて光が動き回り館内を幻想的な雰囲気としてくれます。大人から子供まで楽しめるイベントですよ!

 

ライトアップキッズ

点灯式に向けてライトアップキッズが募集されます。

小学生以下が対象となっており、11/3点灯式当日17:00にジャンボクリスマスツリーの点灯スイッチを押すことができます。ステージに上がって華やかな雰囲気の中クリスマスツリーにあかりを灯します。

募集は9/10~9/30までとなっており、はがきでの応募が必要です。9/30必着ですので参加したい方は急ぎましょう。応募が多い場合は抽選となります。

応募の宛先等は札幌ファクトリーの公式サイトをご確認下さい。

子供にとっては最高の思い出になりますね。

 

スポンサーリンク

 

点灯式のイベントは

点灯式では他にどのようなイベントが開催されるのでしょうか。

<2018年の点灯式イベント>
11月3日(土祝)
司会:ヤマタ
12:00~カトリック聖園こどもの家聖歌隊コンサート
16:20~広尾町PRステージ
16:40~DJ TAMAの音楽ステージ
17:00~ライトアップパーティー

■同時開催イベント
・サンタランドのほしさがし in サッポロファクトリー
10:00~16:00
アトリウム1F
参加費:700円
・ミニライブ&『男旅』トークショー 
LDH所属「DOBERMAN INFINITY」が、特別無料ミニライブを開催
18:30~19:30
アトリウム
参加費:無料

詳しくは公式サイトで>>2018ジャンボクリスマスツリー点灯式

 

点灯式当日は、大変混雑します。上の写真でもわかるように、ジャンボクリスマスツリーを眺めることができるアトリウム周りの1~3階通路は満席状態です。

いい位置で写真を狙っているのであれば30分前でも遅いくらいですよ。詳しく記事にしているので下のリンクから確認してくださいね!多分今年は30分前じゃ完全に遅い気がします。イベントで若い子が殺到しそう。

2016年の点灯式の様子、ツリーやイルミネーションはこちらをご覧下さい。

 

住所や駐車場を確認

【イベント期間】
2018年11月3日(土祝)~2018年12月25日(火)

【イベント会場】
サッポロファクトリー アトリウム

【住所】
札幌市中央区北2条東4丁目
地下鉄東西線 バスセンター駅
8番出口 徒歩3分

【駐車場】
第1・2・4駐車場があります。
アトリウムは第2駐車場が近くて便利。

まとめ

札幌ファクトリーのクリスマスツリー点灯式やイルミネーションは札幌の冬の風物詩です。

2018年は11月3日(土祝)が点灯式となっております。見どころはなんと言ってもイルミネーションですね。開催期間中は16:00~22:00までの毎時間ちょうどに約5分間館内を音と光で楽しませてくれます。

是非、楽しんで下さい。

注意点は週末や祝日はすごく混み合うことです。とくに点灯式11月3日は混雑が予想されますので、お車でおこしのかたは時間に余裕を持って来場しましょう。駐車場の行列も覚悟しておいた方がいいです。

アトリウムは第2駐車場が近いですが、空いていたら少し距離がある第4駐車場でも迷うことなく入庫した方がいいですね。

では、たのしみましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。