menu

ミュンヘンクリスマス市inSapporo 2016年の出店ブース!グッズ&フードをチェック

ミュンヘンクリスマス市が間もなく開催されます。
2016年はどんなブースが並ぶのか気になりますよね。

こちらでは「第15回ミュンヘンクリスマス市inSapporo」で出店するグッズブースとフードブースを紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

グッズブース

1.ケーテ・ウォルファルト
◆オリジナルお香人形スモーキー「トナカイ」など
ドイツのクリスマス専門店が六年ぶりに出店します。

2.ロマノフ
◆マトリョーシカ
◆日本手鞠など
手作り中心の商品ラインナップ

3.ケラミック・ハンドアルバイト
◆アロマ・キャンドル・ハウス

4.ティンク・マルシェ
◆キャンドルホルダー
◆アロマキャンドル
ドイル直輸入のお店です。

5.エル テソロ ナビデーニョ
◆アルパカグッズ
◆アンデス帽子
◆手袋・ソックス等
アルパカ100%グッズを展開

6.コロポックリン
◆ファンキーサンタ
北海道のクリエーターや作家が手がけた雑貨

7.アッシュ
◆トゥインクルプロジェクトライト
部屋の天井に星座を投影します。

8.ラスプ
◆スパイスタワー
シナモンやクローブで作られたスパイスデコレーション

9.イニシアティブ
◆マトリョーシカ
◆木製のおもちゃ
ロシアの手工芸品

10.ロヴェニエミ・北極圏のサンタクロース村
◆トナカイの毛皮
フィンランドからの出店

11.ウォーキングセレクション
◆サンタイルミネーション
◆ステンドハウス
数量限定、特別価格で提供

12.ワインハウス ゲアハルト
◆ヘアゴッツ・トレプヒェン
ドイツワイン。無料試飲も行っている。

13.シュピッチェンラーデン
◆窓飾り用レース
◆テーブルクロス
ドイツ製オリジナル商品

14.ルースおばさんのクリスマス物語り
◆ミツロウキャンドル
◆くるみ割り人形
◆けむりだし人形

15.ポーリッシュ・ポタリーショップ
◆プレート
ポーランドの手作り陶器

16.ジョイラックストア
◆Angel Bell
ガラスのツリーやオーナメント

17.函館クリスマスファクトリー
◆EVAスノーマン
クリスマス小物

18.ショウヤ
◆ゆきんこアニマルイヤホンジャック
小樽の手作りガラスアクセサリー

19.アラジン
◆イラン製のじゅうたん
◆クッションカバー
◆食器
イラン・トルコ製

20.てしごと市
◆クリスマス雑貨
北海道で活躍している作家の手作り商品

21.さっぽろスイーツカフェ
◆Xmas焼き菓子
市内洋菓子店の限定焼き菓子が揃う。

22.クリスマスカードコレクション2016
◆オリジナルクリスマスカード
北海道在住のクリエーターのデザイン

23.デンメアティーハウス&スノードーム
◆紅茶
◆フルーツティー
◆菓子
◆スノードーム

24.グラスギャラリー
◆ヤッホーサンタクロース
小樽のお店の可愛い小物

25.NPO八剣山エコケータリング
◆ドイツの手作りクリスマス雑貨
自然素材を中心にツリーやオーナメントを揃える

各店、代表的な商品をピックアップしております。
他にも沢山のラインナップとなっておりますので現地でお気に入りの一点を見つけましょう!

 

フードブース

A.小樽ビール ライプシュパイゼ
◆ドンケルボック
小樽ビールとソーセージなどのドイツ料理

B.バイエルン クラシック
◆ドイツ産フルーツグリューワイン
◆郷土料理
◆ソーセージ
◆ホットワイン
「ロー・シャイダー」監修

C.サン セバスチャン ダイニング&スイーツカフェ
◆クリスマスチーズドリア
◆厚切りベーコン
◆ドイツソーセージ
◆チュロス
◆ホットワイン

D.サッポロビール園
◆サッポロファイブスター
限定ビールやドイツ家庭料理

E.ヒンメル デア バイエルン
◆ババリアンステーキドック
◆ソーセージやステーキ
パウラーナーとハッカープショールのビールやワインと共に

F.ビアホール ますや
◆ローストチキン
国産肉を美味しく安く!

G.シュネーバイス
◆アイスバイン
◆ホットビール
◆もちもちロングポテト
ドイツ直輸入

H.マーカス フランクフルター ヒュッテ
◆フランクフルター ホットアップルワイン
ドイツ人シェフのクリスマスメニュー

I.カフェ ルドルフ
◆クリスマスパエリア
本場の味が楽しめる

J.ハンセンのホットドリンク
◆ホットワイン
◆ホットカカオ

K.ハンセンのアーモンド工房
◆ロースト・アーモンド

L.ヴァイセス・シュトラーセン・カフェ
◆牛タン入りジャンボ・フランクフルト
◆白いソーセージ
◆特製ビーフシチュー
◆ホットワイン

M.イズ ダイニング
◆シュニッツェル牛サーロインカツレツ
本場ドイツ料理

こちらも、各店代表的な料理をピックアップしております。
この機会に本場ドイツの味を堪能してみてはいかがでしょうか。

実際に2016年ミュンヘンクリスマス市に行ってきたよ!
↓ ↓ ↓

 

オリジナルグッズをゲットしよう!

ミュンヘンクリスマス市のオリジナルグッズが今年も販売されます。
会場にお越しの際はチェックしていきましょう!

2016年のラインナップはこちら

★マグカップ 600円
★クリアファイル 350円
★タオルハンカチ 550円
★マスキングテープ3個セット 900円
★付箋セット 650円

やっぱりおすすめはマグカップですね!
ついついコレクションしたくなる一品です。

また、今年から付箋セットが新たに仲間入りしました。
オフィスや家庭でもクリスマスムードを盛り上げます。

 

会場の取り組み仕組みをチェック

ミュンヘンクリスマス市を快適に楽しむ為にも会場の取り組みなどをチェックしておきましょう。

■デポジット制度

ミュンヘンクリスマス市の会場は2010年からデポジット制を導入しています。
飲食物購入の際に食器使用料金として100円が必要となります。この預けた100円は食器返却の際に返金してもらえます。食器の回収・再利用を徹底し環境に配慮したシステムです。

食器はリターナブル食器を利用しており、会場内のエコブースに回収口があるのでそこで回収、返金を行っております。持って帰ったりしないでくださいね。

■電子マネーが使える

大通2丁目会場の全店舗で電子マネーが使えます。
ポイントも貯まるし、寒い中小銭を探さなくていいので便利ですね!

使える電子マネーはこちら

NANACO
WAON
SAPICA
KITACA

 

まとめ

クリスマスを前にした1ヶ月間の開催となる
「第15回ミュンヘンクリスマス市inSapporo」

本場のドイツ料理を楽しみ、クリスマスグッズを手に入れましょう。

街中ではすでにクリスマスオーナメントが展示販売の最盛期となっております。
すでに購入して飾っている家庭も多いでしょう。
ただ、ミュンヘンクリスマス市では可愛い一点物が購入できるかもしれません。

すでに準備万端の方もこれからの方もミュンヘンクリスマス市を一度のぞいてみてはいかがでしょうか。
きっとお気に入りの一点が見つかると思いますよ!

会場は「さっぽろホワイトイルミネーション」の点灯期間となっておりますので、夕方から夜に行くと一層雰囲気を味わえますよ。

また、子どもを連れた家族連れには日曜日のお昼がおすすめ!
毎週日曜日はプレゼントデーです。
12:30と14:00にサンタさんからプレゼントを貰えるチャンス。
会場で一店舗1,000円以上のお買い物で1枚の抽選券をもらえます。

当たっても外れてもいい思い出になりますよ。

 

 

【スポンサーリンク】

本革ソファーの手入れ方法~長持ちのコツ~手間と努力が必要!

コカコーラ札幌工場を見学したよ!見どころは倉庫だね

関連記事

  1. プラレール博 札幌 2016年の開催日程。特典付き前売り券で割引…

    今年の夏もやってきますよ!プラレール博in札幌!毎年恒例となったこのイベントは特に男の子に…

  2. 春休み映画を子供と楽しむ!2017おすすめアニメ6選!前売特典を…

    春休みは子供と楽しめる映画が沢山公開されますね。今年はどの映画を見に行こうか迷っていますか?小さ…

  3. トミカ博とプラレール博の2017年日程と会場をチェック!特別チケ…

    トミカ博とプラレール博の2017年はどのような日程になっているのか?毎年恒例のイベントを楽しみし…

  4. 大曲の花火 秋の章2016駐車場や自由席の混雑状況は?あおのもの…

    花火の街「大曲」8月に行われた大曲の花火「全国花火競技大会」の興奮も冷めやらぬ中、 10月に…

  5. 大曲花火大会 桟敷席の抽選に外れた。チケットが無くても会場で見る…

    全国花火競技大会「大曲の花火」が近づいてきました。夏の終わりの一大イベントにワクワクされて…

  6. さっぽろライラックまつり2017出店情報!ワイン 食べ物ラインナ…

    初夏の札幌に賑わいをもたらすイベントさっぽろライラックまつり。GWに遊び倒した後は公園でまったり…

  7. ハロウィンイベント2016 北海道で子供と楽しむスポット6選!

    年々規模が大きくなっているハロウィン子育て世代のパパ・ママが子供の頃は ハロウィンイベントは…

  8. 札幌ラーメンショー2017出店店舗一覧!混雑回避に前売り券は必須…

    札幌も雪がとけてお出かけ日和に包まれる日が多くなりました。様々なイベントが開催される札幌ですが大通公…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

札幌・北海道の情報はこちら!

バナー
PAGE TOP