menu

子供の冬靴にKEEN(キーン)のクートネーをチョイス!雪でもタウンでも大活躍!

子供の冬靴にKEEN(キーン)のKootenay(クートネー)をチョイスしてみました。

北海道は雪が積もると基本ブーツが主流となるのですが、その特性からゴツくて、屋内だと歩きづらそうなんですよね。

その重さからかかかとを引きずって歩くのでソールもかなりすり減ってしまいます。

例えば、商業施設への買い物とか室内の遊び場へのお出かけにはスノーブーツは適していません。

これまでは、冬はいつでもスノーブーツでいいやっていう考えだった我が家でも今年は冬用のタウンシューズを買おうということに。

キーンのクートネーを購入して本当に良かったので紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

KEENのクートネーを選んだ理由

今回、子供の冬靴を選ぶ際に条件に上げたのは大きく分けて以下の4点。

  • 雪でも滑らない
  • 歩きやすい
  • 履きやすい
  • 暖かい

特に「雪でも滑らない」と「歩きやすい」が大きな選定理由。

デザインもシンプルで良かったので選びました。多少予算オーバーでしたが、値引きにもなっていたので買っちゃいまいたよ。

それでは早速、詳細を見て行きましょう!

KEENのクートネーはこんな感じ

色はBLACK/NEUTRAL GLAYにしました。

落ち着いた色使いでどんな洋服にも合わせやすそうなので。

撥水加工の天然皮革を使用しています。子供靴では珍しいですかね。ベチャベチャの雪道でも安心です。

そして、これも選定理由の1つとなった履きやすさ!

ベルクロストラップで間口も広いので幼いお子さんでも簡単に履くことができますよ。

間口にはフェイクファーがあるので保温性にも優れそう。

ソールも良いですね!歩行時の衝撃を緩和し、気温によって硬さが変化する機能も兼ね備えているんだとか。

難しいことはわかりませんが、とにかく雪に食い込んでアズファルとなんかでも滑りづらそうですね。

はい!では実際に履いてみましょう!

こんな感じ。

パンツがジミなのでおっさんみたいになってます。足だけなのでそんな感じに見えるかもしれませんが、実際はいい感じですよ。

後ろからみるとフェイクファーがおしゃれ感出してますし。

そして、何より歩きやすいそうです。

雪道でも食い込みます。

しかし、先日コケました。

11月なのに札幌でも20CM以上の降雪で歩道がアイスバーンというかミラーバーン。もうほぼ氷の上ですってん!!

これはどんな靴でも仕方ないですが、過信は禁物ですね。

 

【スポンサーリンク】

 

まとめ

子供の冬靴。KENN(キーン)のKootenay(クートネー)を簡単に紹介させていただきました。

本当におすすめの一足です。

北海道の冬はすごく寒いですが、商業施設の中はあり得ないくらい暖房が効いています。コートなんか着てたらアウトなくらいにです。

暑がりの自分的にはそこ少しなんとかして欲しいところなんですけど、仕方ありません。

そんな施設内でモコモコの暖かいブーツを引きずる様に歩く姿がいたたまれなくて、今年はどうしてもショートの冬靴が欲しかったんです。

雪が積もる地域はもちろんですが、積もらない地域ならこれで一冬行けそうです。

これまで履きなれた靴を無理にでも履こうとしていた息子もこれは履きやすいせいか、進んで履いてくれます。

そして、ドヤ顔で「カッコいいでしょ!」なんて自慢してきます。

よっぽど気に入ったでしょう。

基本派手な洋服よりジミな黒や灰色を好む傾向があるので、ストライクなんでしょうね。

他にも、女の子向けのステッチがピンクとか、シックな茶、アクティブな青なんかが揃ってます。

チェックしてみてくださいね。

サッポロガーデンパークとアリオ札幌のイルミネーションは意外と見応えあるんだな。

会場レポ!さっぽろホワイトイルミネーション2017年はトンネルで三大夜景を楽しめ!

スポンサーリンク




最近の記事

札幌・北海道の情報はこちら!

バナー

SNS

PAGE TOP