menu

エンテロウイルスd68 感染地域と年齢は何歳位が多いか確認。

2015年8月から12月にかけて原因不明の
手足の麻痺が子供を中心に広がっています。

原因は聞き慣れないウイルス
「エンテロウイルスd68」

麻痺との因果関係は証明されてはいない
ものの、患者の約4分の1から検出された
ウイルスに2016年も警戒が必要です。

全国33の都府県から麻痺の報告があった
と言うことですがどこの都府県が多いのか?

年齢は何歳くらいが多いのか?

子育て世代には非常に気になる話題を見て行きましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

エンテロウイルスd68の感染地域はどこ?

昨年夏以降約100名近い患者が出た、原因不明の麻痺。

一部の患者からエンテロウイルスd68が
検出されていることからその関連の可能性が懸念されています。

手足などに見られる原因不明の麻痺が
確認されているのは33の都府県。
あなたの地域は大丈夫か?非常に気になるところです。

では早速見ていきましょう。

青森県 2~5
秋田県 1
岩手県 1
山形県 11~
福島県 6~10
新潟県 6~10
栃木県 11~
埼玉県 11~
千葉県 6~10
東京都 11~
長野県 6~10
神奈川県 6~10
静岡県 2~5
石川県 2~5
福井県 11~
三重県 6~10
奈良県 1
京都府 2~5
大阪府 6~10
兵庫県 2~5
島根県 6~10
広島県 11~
山口県 1
香川県 6~10
徳島県 1
福岡県 1
大分県 2~5
宮崎県 6~10

これは手足の麻痺に限らず、
2015年にエンテロウイルスd68が検出
された都府県と件数です。

11~となっているところがもっとも
感染が広がった都府県といえるでしょう。

 

エンテロウイルスd68対象年齢は何歳?新生児は大丈夫?

エンテロウイルスd68は
2005年から2015年までに35の都府県で
538例確認されております。

特に多かった年は…

2010年 129例
2013年 122例
2015年 258例

この3年が突出した数字となっています。

他の年は10例にも満たないのでその
感染数の多さが伺えます。

特に8月や9月の夏場に感染が多く
見られることから今年も9月は注意が
必要となるでしょう。

感染する性別は男性55%、女性が45%で
男性が多いのですが、問題は年齢です。

なんと0歳から6歳で80%を占めているのです。

0歳が16%、1歳が18%、2歳と3歳はそれぞれ12%。
この様に新生児でも感染してしまうのです。

 

まとめ

原因不明の手足の麻痺を訴えた患者は
100人以上とも言われ、これが
エンテロウイルスd68が関係している
可能性が高いです。

昨年夏以降に症状が出た患者の大半は
新生児を含む子供で、現在も麻痺が
のこっている人もいます。

感染は全国的に満遍なく広がっており
いつ自分の子供が感染してもおかしく
ないでしょう。

成人が感染した場合は軽度な症状が多い
そうですが、喘息持ちの小児が感染した
場合に重度な症状となる可能性もあるそうです。

これから9月が感染のピークとなると
思われますので、うがいや手洗いの
徹底を心がけましょう。

十分に気をつける必要が有りますね。

 

敬老の日 プレゼントを100均素材で手作り!お花も添えて孫とほっこりする一日を

エンテロウイルスd68の感染経路は?症状や予防方法。

スポンサーリンク




最近の記事

札幌・北海道の情報はこちら!

バナー

SNS

PAGE TOP