menu

バトラーブーツはオシャレなキッズ用レインブーツ!靴をはいたまま履く長靴だ。

バトラーブーツが話題になりそうだ。
2015年末にアメリカから日本へ上陸。

「くつをはいたままはくブーツ」

一風変わったコンセプトのブーツが日本で定着するのか?
このおしゃれなキッズ用レインブーツは様々なシーンで活躍しそうだ!
梅雨シーズンを前にレインブーツ選びに悩んでいるかたは選択肢の一つにしてもいいだろう。

 

【スポンサーリンク】

 

バトラーブーツとは

見た目もすごくおしゃれだ。

5色のカラー
・レッド
・イエロー
・ライトグリーン
・ピンク
・スカイブルー

バトラーブーツはMADE IN USAの高品質なキッズ用「オーバーブーツ」。
靴をはいたままブーツが履けて、マジックテープのストラップで固定するだけ。
素材も柔らかく子どもでも簡単に履くことができる。
日本では少し馴染みがない使用方法だが、シーンによっては重宝しそうな機能となっている。

 

靴をはいたまま履く仕様とは

1930764_1537372716588226_1838787523882586475_n

出典:バトラージャパンfacebook

一番の特徴はなんと言ってもこれだ。

「靴をはいたまま履く」

日本ではあまり馴染みがないが、家の中でも靴を履いている習慣のアメリアやカナダでは大人気の商品である。

「今日は雨だから長靴で行こう」と玄関でレインブーツをチョイスして出かけることを想定すると、バトラーブーツはかえって面倒だ。二足の靴を履くことになる。

では、どんなシーンで活躍してくれるのか。

少し考えただけでも相当に使えることがわかる。
特に午後から雨が降りそうな場合など長靴を持って出かけることがあると思うがそんなときはすごく使いやすい。チョットした水遊びに出かける時や突然の雨に遭った時にもサッと履かせられることはもとより、脱いだ靴を持っていなければならないママやパパの負担が減る。キャンプなんかでも大活躍するだろう。

しかも、完全防水なので雪遊びでも活躍する。くつの裏はレインドロップ型の型押しで滑りにくい様に配慮されている。耐久性の面でもストレッチ素材で摩擦や水に強い。汚れたらジャブジャブと水で丸洗いできる。後ろ側の上部には丸い持ち手がついているのでベビーカーにフックをつけてかけたりして持ち運びにも便利だ。

アクティブに外出をするママやパパにはもってこいの商品といえるだろう。

 

靴を履かなくても専用ライナーで直接履ける

では日本仕様に靴下のまま履くことはできないのか。
そんな考えを持つ方も多いだろう。
そんなときは専用ライナーを使えばいい。

こちらもレインドロップ柄でデザインされており、おしゃれな中敷きとなっている。
別売りではあるが吸汗・断熱効果・速乾性を兼ね備えた抗菌仕様の中敷きだ。

冬は暖かく、夏は涼しい。靴を履かずとも専用ライナーを使って直接履く。
これができれば通常のレインブーツとしても全く問題なく使用できる。

レインブーツにしては少し値がはるかなとの考えもあるかもしれないが、夏冬兼用と考えればいい買い物ではないだろうか。

【スポンサーリンク】

車で使えるスマホスピーカーを100均セリアで発見!電源不要でスタンドにもなるぞ!

トミカ新車2016年4月発売エネオスタンクローリーを買ってみたからレビューします。

関連記事

  1. レッドウィングを手入れする。ミンクオイルでアイリッシュセッターに…

    ワークブーツの定番「RED WING」レッドウィングの「8166」を購入したのは約20年前…

  2. 幼稚園の運動会。服装に悩んだパパ必見!NGコーデを理解しよう。

    幼稚園や保育園の運動会。子供たちは運動会の為に一生懸命練習して本番に備えます。初めて運動会に参加…

  3. ソレルのスノーブーツは手入れが肝心!シーズンオフにひと手間かけて…

    冬のスノーブーツの定番「SOREL」ソレルは本当に暖かくて、北海道では年々愛用者が増えている印象…

  4. 子供のリュックは人気のノースフェイス(スモールデイ)に決定!選定…

    子供が幼稚園に入って、習い事もする様になった。 そんな時に必要になってくるのが子供用のリュック。…

  5. オールドネイビー撤退セールはいつ?大幅値下に期待も子供服に困ると…

    アメリカの衣料品大手GAPが低価格帯のカジュアル衣料販売店 「オールドネイビー」の日本撤退を発表…

  6. レインブーツがひび割れ…手入れしても寿命はくるぞ!マ…

    ママのレインブーツが購入して2年でひび割れました。ハンターのレインブーツは15,000円位だった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

札幌・北海道の情報はこちら!

バナー
PAGE TOP